サムネ背景

吉村真晴(まはる)ラバーや所属!必殺技のアップダウンサーブが魔球!

 

卓球・吉村真晴(まはる)選手のラバーや所属などのプロフィールをまとめました。吉村真晴といえば、必殺技のアップダウンサーブですが、魔球すぎて凄い!と話題になっています。

 

スポンサードリンク

吉村真晴選手のプロフィール

吉村真晴(よしむらまはる)選手の生年月日は1993年8月3日生まれで、現在の年齢は23歳。

 

茨城県県那珂郡東海村出身で身長は177cm、体重は61kg。

 

父親が日本、母親がフィリピン共和国出身のハーフで、名前の真晴(まはる)はフィリピンのタガログ語で『愛する』という意味があるそうです。

 

吉村真晴選手のラバーや所属

吉村真晴選手は、中学3年生の時に宮城県の秀光中等学校から、山口県の野田学園中学校に転校しています。

 

そして、野田学園高等学校を経て、愛知工業大学を卒業。吉村真晴選手は現在、名古屋ダイハツに所属しています。

 

吉村真晴選手が使用しているラケットは、「バタフライ特注(ZLカーボン)」。ラバーは、フォア面・バック面共に「テナジー・05」を使用しているそうです。

 

スポンサードリンク

吉村真晴選手の経歴

吉村真晴選手が卓球を始めたのは、小学校に入学した時で、地元東海村でジュニア世代専門の東海クラブを指導してた元卓球選手の父親から、厳しい指導を受けていたそうです。

 

2011年2月に行われた「ジャパントップ12卓球大会」では、決勝戦で水谷隼選手に敗れて準優勝。

水谷隼選手のプロフィール

 

そして、「アジアジュニア卓球選手権」の男子シングルスで、日本人選手として初めての優勝を飾りました。

 

2012年1月に行われた「全日本卓球選手権大会」では、決勝戦で水谷隼選手と対戦。フルセットの死闘の末、ゲームカウント4-3で勝利し、高校生として2人目の全日本王者に輝きました。

 

2012年4月に愛知工業大学に進学し、2015年に行われた「スペインオープン」では、プロツアー大会初優勝を飾りました。

 

アップダウンサーブが凄い

吉村真晴選手のプレースタイルは、超攻撃型と言われる程の攻撃力が特徴で、手足が長く、動きが機敏なので、前陣と後陣のどちらでも攻めの展開を作ることができるそうです。

 

吉村真晴選手の代名詞ともいえる、逆横の「アップダウンサーブ」は、ラケットを上に振り上げているのに、ボールを下回転にすることができ、「真晴のサーブはわからない」と世界各国のトップ選手に注目されているようです。

 

リオオリンピックでも、相手選手がレシーブミスを連発していて、いろいろな番組で吉村真晴選手のアップダウンサーブを解説していますが、スローでみても球の出所が素人にはサッパリ分かりませんでした。

 

アップダウンサーブは、まさに吉村真晴選手の必殺技の魔球ですね。

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ