サムネ背景

好川菜々の身長は?すぽるとや新婚さんの画像!2013にデビュー戦!

 

元東洋太平洋ライトフライ級王者の「美人人妻ボクサー」こと、好川菜々(よしかわなな)さんが2016年6月26日放送の『新婚さんいらっしゃい!』に出演して話題になっています。

 

好川菜々さんのプロデビュー戦は2013年。フジテレビ系列の『すぽると』で、美女アスリートを特集するコーナー「Real Venus」でも取り上げられたことがあります。

 

スポンサードリンク

好川菜々さんのwikiプロフィール

そんな好川菜々さんのwikiやプロフィールをまとめてみました。

 

生年月日・年齢・身長・本名など

好川 菜々(よしかわ なな)さんの生年月日は、1978年6月25日。

 

大阪府藤井寺市で生まれました。

 

2016年6月26日時点での年齢は38歳。

 

好川菜々さんは、2015年7月7日に、元WBOアジア太平洋スーパーフェザー級チャンピオン・野上真司(のがみ しんじ)さん(41歳)と結婚して、本名が野上菜々さんになりました。

 

好川菜々さんの身長は164cmで、血液型はO型。現在は大阪・羽曳野市に住んでいるそうです。

 

学生時代

好川菜々さんは、小学校3年から中学校2年まで日本舞踊を習っていました。

 

高校は大阪女子短期大学高等学校で、バスケットボール部で活躍。

 

大学は大阪国際女子大学に進み、大学生の時にフルマラソンに挑戦していたそうです。

 

大学でボクシングを始める

好川菜々さんがボクシングを始めたのは1999年で21歳の時。きっかけは、マラソンのトレーニングの一環でした。

 

マラソンでは思ったような結果が出なかったため、「他の競技に挑戦しよう」という気持ちから、当時非公認だったボクシングの大会に出場。

 

ボクシングを始めて3か月。初めての試合はライトバンタム級でしたが、RSC負け。

 

そして、1年3か月後の4戦目で初勝利を上げ、そこから5試合連続RSC勝ちという結果を残しました。

 

働きながら3階級制覇達成!

好川菜々さんは、大阪国際女子大学を卒業してからも、貿易会社や百貨店で働いたり、大阪教育大学や近畿大学などの大学職員をしながら、アマチュアのボクシング活動を続けていました。

 

2006年に行われた「第4回全日本女子アマチュアボクシング大会」のフライ級で優勝し、念願のメジャータイトルを獲得。

 

2008年に行われた「第6回全日本女子アマチュアボクシング大会」では、ライトバンタム級で出場し見事に優勝し二階級制覇達成。

 

そして、2012年の「第10回全日本女子アマチュアボクシング選手権大会」で、今度はフェザー級で出場して優勝。遂に三階級制覇を成し遂げました。

 

日本代表を経てプロ転向を決意

好川菜々さんは、2012年5月に中国・秦皇島で行われた「第7回AIBA世界女子ボクシング選手権」に日本代表としてフェザー級で出場し、ベスト16入りを果たしました。

 

その大会が終わってからは、ボクシングを引退して、近畿大学でコーチを務めていましたが、同世代で活躍している女子ボクサーに刺激を受け、2013年5月、プロに転向する為に近畿大学を退職。

 

女子プロボクサーとしての年齢制限は超えていましたが、アマチュア時代の実績を考慮され、2013年7月21日、特例でB級プロテストを受験し見事合格しました。

 

女子プロボクサーデビュー

好川菜々さんは、ロマンサ雅ジムからプロデビューし、大阪・堺市民会館で2013年8月18日に行われたデビュー戦では、タイのパンティップ・ソータマチャック選手と対戦し、判定勝でプロデビューを勝利で飾りました。

 

プロ2戦目は2013年12月21日。淀川区民センターで、東洋太平洋スーパーフライ級3位のジュブジャン・ルークマカームワンと対戦し判定勝ち。

 

そして、2014年1月に発表された、OPBFランキングでライトフライ級3位にランクインしました。

 

東洋太平洋王座獲得

好川菜々さんの3戦目は2014年3月9日で、東洋太平洋ライトフライ級王座に挑戦。

 

対戦相手は、タイのクリカノック・アイランドムエタイ。

 

1ラウンドから右ストレートでダウンを奪い、立ち上がった相手をコーナーに追い詰めて連打を浴びせ、レフェリーストップ。プロ初のKO勝利は、1ラウンド1分41秒のTKO勝ちでした。

 

そして、プロデビューからわずか7カ月弱の3戦目で東洋太平洋王座を獲得!

 

これは、四ヶ所麻美さんと藤岡奈穂子さんが持っていた、4戦を更新する最短記録でした。

 

スポンサードリンク

世界に挑戦する為に

好川菜々さんは、東洋太平洋王座を2014年3月31日付で返上し、4月15日付で堺東ミツキジムへ移籍。

 

世界への挑戦を見据えて、アマチュアボクシングで活躍した漫才師の和泉修さんからもサポートを受けるようになります。

 

堺東ミツキジムに移籍して初めての試合は、2014年10月13日。

 

堺市産業振興センターで行われた試合は、初めてのメインイベントに抜擢されて、WBC女子世界フライ級11位・タイのグレーペッ・ルークムアンカン選手と対戦し、見事2ラウンドTKO勝ちを収めました。

 

初めての世界挑戦

2015年4月29日、初めての世界挑戦は、堺市産業振興センターで行われました。

 

好川菜々さんはが狙うのは、WBA女子世界ミニマム級王座。対戦相手はメキシコのアナベル・オルティス選手。

 

この試合に勝ってプロデビュー5戦目で世界王座獲得を獲得すれば、富樫直美さんの4戦の次に早い記録でしたが、0-3の判定負けでプロ初黒星を喫しました。

 

野上真司さんと結婚

好川菜々さんは2015年7月7日、大阪・池田市役所に婚姻届けを提出し、元WBOアジア太平洋スーパーフェザー級チャンピオン・野上真司さんと入籍。

 

そして、世界王座獲得に失敗した後、現役続行について保留していましたが、現役を続けることを発表。

 

2015年12月19日、メキシコシティでデニッセ・デ・ラ・クルス選手とバンタム級4回戦で対戦し、1ラウンド47秒TKOで見事に再起戦を飾りました。

 

そして、2016年4月29日、堺市産業振興センターでタイのサオチャエングライ・シットクラパラチャイと対戦し、2ラウンド26秒KOで勝利しました。

 

【画像】新婚さんいらっしゃいに出演

 

まとめ

好川菜々さん、旦那さんの野上真司さんと一緒に出てたね。

 

現役ボクサーが新婚さんいらっしゃいに出演するのは初めての事らしいわよ。

 

好川菜々さんと野上真司さん夫婦は、大坂府警の平成27年度・飲酒運転撲滅キャンペーンポスターのイメージキャラクターに任命されたみたいだね。

 

2015年3月12日には、メキシコのWBC本部で、日本で行ってきた病気と闘う人たちや子供たちを訪ねて触れ合ってきた慈善活動や、社会的貢献を評価されて「WBCベストカップルアワード」を受賞しているわ。

 

好川菜々の旦那・野上真司さんは、トレーナーを務めていて、夫婦で世界王者になることが目標らしいな。

 

夫婦で同じ目標に向かえるって素敵な事ね^^今年の秋に世界戦を行う準備を進めているらしいから、その時は応援しなくちゃね☆

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ