吉田栄勝(よしだえいかつ)の事故現場は?三重県職員で八戸市出身

 

八戸市出身で三重県職員として勤めていた、吉田栄勝(よしだえいかつ)さんの事故現場や、プロフィールをまとめました。

 

スポンサードリンク

吉田栄勝さんのプロフィール

吉田 栄勝(よしだ えいかつ)さんの生年月日は1952年3月22日で、2014年3月11日に満61歳でお亡くなりになられました。

 

吉田栄勝さんは元レスリング選手で、女子レスリング金メダリストの吉田沙保里選手の父親です。

 

青森県八戸市出身の吉田栄勝さんは、八戸電波工業高等学校(現:八戸工業大学第一高等学校)を卒業しています。

 

高校時代にレスリングを始め、専修大学の経済学部に入学してからは、男子フリースタイル57kg級の選手として活躍。

 

1973年に行われた「全日本レスリング選手権」で優勝。その年にテヘラン(イラン)で開催された「レスリング世界選手権」、ウランバートル(モンゴル)で開催された「レスリングアジア選手権」に日本代表として出場し、アジア選手権で銀メダルに輝いています。

 

専修大学のメンバーとして、大学対抗団体戦の「全日本学生王座戦」に出場し、決勝で日本大学を下して優勝。専修大学のレスリング黄金時代を支えた一人でした。

 

大学時代のチームメイトには、伊藤良和さんや吉田光雄さんなど。ライバルには荒井政雄さん、佐々木禎さん、山路明さんなどがいたそうです。

 

そして、1976年のモントリオールオリンピックを目指しましたが、オリンピック代表選考会で負けてしまい、残念ながら代表にはなれませんでした。

 

専修大学時代の先輩には、プロレスラーの長州力さんがいたそうです。

 

スポンサードリンク

レスリング道場を開く

吉田栄勝さんは専修大学を卒業後、三重県職員として就職します。

 

そして、一志郡一志町(現:津市)の自宅で『一志ジュニア』という、ジュニア向けのレスリング道場を開きました。

 

そこでは、吉田沙保里さんはもちろん、吉田栄勝さんの3人の子供や、たくさんの子供達を指導したそうです。

 

2009年には、レスリング女子日本代表のコーチに就任し、2010年に行われた「アジア選手権」では女子チームの監督。

 

そして、2012年に行われた「ロンドンオリンピック」では、レスリング女子代表チームのコーチを務めました。

 

吉田栄勝さん死去

吉田栄勝さんは、2014年3月11日の午前7時15分頃、路肩に停車した自動車の中でぐったりしているところを発見されました。

 

事故現場は、三重県津市の伊勢自動車道で、病院に搬送されましたがお亡くなりになられました。死因はくも膜下出血だったそうです。

 

スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ