サムネ背景

ユニバース倶楽部で2chも特定?NHKアナウンサーは山崎友里江だった!

 

「ユニバース倶楽部」というデートクラブが、NHKの女子アナウンサーが登録していた高級デートクラブだったようです。そして、NHK室蘭放送局に勤務しているNHKの女性アナウンサーが山崎友里江(やまざきゆりえ)さんだということも、2chなどで既に確定しています。

 

スポンサードリンク

ユニバース倶楽部のNHK女子アナは山崎友里江

NHK室蘭放送局に勤務している女性アナウンサーが、高級デート倶楽部に登録していたという事が話題になりましたが、今日2016年7月13日に発売された「週刊新潮」にその詳細が詳しく書かれていました。

 

NHK室蘭放送局の女性アナウンサーは、2015年4月に契約キャスターとして入局し、夕方の情報番組にも出演。一部ネット上では、期待度ナンバーワンのかわいい女子アナウンサーなどと言われいたそうです。

 

そのNHKの女性アナウンサーは2chなどで、既に山崎友里江アナだという事は判明していましたが、登録してた高級デート倶楽部の名前までは分かっていませんでした。

 

その高級デート倶楽部の名前が「週刊新潮」に載っていました。

 

デートクラブの名前は、「ユニバース倶楽部」。全国10か所に本支店があり、山崎友里江アナが登録していたのは、「ユニバース倶楽部 札幌支店」だそうです。

 

ユニバース倶楽部とは?

「週刊新潮」の記事によると、ユニバース倶楽部は「金銭面で余裕のない女が、それをサポートしてくれる男を紹介してもらう場」で、そこから発展して愛人になるかどうかは、本人次第だということです。

 

実際に登録している男性会員の話によると、「ウェブや電話で申し込むと、喫茶店のような場所で、倶楽部の人間と面談があり、職種や年収などのアンケートに答える」そうです。

 

ユニバース倶楽部には、スタンダード(3万円)、ゴールド(5万円)、プラチナ(10万円)、ブラック(30万円)という4つのクラスが男女それぞれにあって、男性はその中から選択して会員に。

 

そして、女性会員はユニーバース倶楽部の事務局が容姿だけを判断して、同じように4つのランクに格付け。女性会員の場合は入会金などは一切必要ないそうです。

 

男性会員は、画像や動画のプロフィールなどを参考にして、ユニバース倶楽部の専用サイトで相手を探し、事務局に希望を伝え、選んだ女性のランクに応じてお金を払うという仕組み。

 

もし、スタンダード会員の男性が、ブラック会員の女性に会いたければ、50万円を払ってブラック会員になる必要があるそうです。

 

スポンサードリンク

山崎友里江アナはブラック会員

ユニバース倶楽部には3000人を超える女性が登録していて、ブラック会員はその中で100人もいないようです。

 

そのたった3%のブラック会員に、ユニバース倶楽部札幌支店に登録していた山崎友里江アナは入っていたそうです。

 

さすがネットで評判になっていただけはありますが・・・。

 

山崎友里江アナがユニバース倶楽部に登録したのはなぜ?

そんな容姿淡麗な山崎友里江アナがなぜユニバース倶楽部に登録したのかが気になりますが、給料が安いから生活の為に登録したのでは?とも言われています。

 

山崎友里江アナの父親は一級建築士で、母親は幼稚園にパートで勤めていたそうです。

 

東京出身の山崎友里江アナは、2015年4月に東京を離れNHK室蘭放送局に勤務する事になりましたが、正式な肩書は「契約リポーター」で給料は手取りで15万円程度。

 

東京から北海道に出てきて就職したということは、たぶん一人暮らしだと思うので、確かに手取り15万円だと生活は苦しかったのかもしれません。

 

ただ、もし生活の為でもユニバース倶楽部に登録したのは、ちょっと軽率だったんじゃないかなと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ