サムネ背景

【ザンダーボガーツ】安打数の成績が2016年凄い!イチローの記録抜く?

 

ザンダー・ボガーツの安打数の成績が、2016年凄い事になっていて、イチロー選手の記録が抜かれるんじゃないかと話題になっています。ザンダーボガーツ(Xander Bogaerts)の2016年の安打数がどんな凄い成績なのか?や、プロフィールなどを調べてみました。

 

スポンサードリンク

ザンダーボガーツの2016年安打数

ザンダーボガーツは、レッドソックスでショートを守っている若干23歳の選手。そのサンダー・ボガーツ選手の事をNBC系の地元テレビ局CSNNEが「ボガーツが球団記録はもちろんメジャー記録まで狙っている」というタイトルで、ヒットを量産している事を報じて話題になっているそうです。

 

ザンダーボガーツ選手の2016年の安打数が、メジャーリーグ公式戦162試合の半分、80試合前後を終わった時点で、イチロー選手がマリナーズ時代の2004年に記録して、未だに破られていない安打数262という成績を達成した時のペースを上回っていると注目されています。

 

イチロー選手は後半が凄かった

ただ、ザンダーボガーツ選手の2016年の安打数は、現在86試合を終わった時点で117本なので、このペースのままだとシーズン220本前後という成績になります。

 

イチロー選手が安打数262本という成績を記録した時は、残り74試合で141本のヒットを打っていて、打率が.433という驚異的な数字でした。

 

だから、ザンダーボガーツ選手がイチロー選手の262本という記録を12年振りに更新するには、前半戦を上回るペースでヒット数を量産しないと無理なので、「ボガーツは厳しい戦いを強いられることになる。そう実現不可能。でも・・・」と、先ほどの地元テレビ局CSNNEも最後は希望的観測で締めくくっているそうです。

 

それにしても、イチロー選手が2004年に記録した、シーズン262安打という成績がどれだけ凄いかということが改めて分かりました。本当にイチロー選手には、少しでも長く現役を続けて欲しいなと思います。

 

スポンサードリンク

ザンダーボガーツのプロフィール

ザンダー・ボガーツ(Xander Bogaerts)選手は1992年10月1日生まれの23歳。オランダ領アルバのサンニコラス出身で、国籍はオランダ。

 

MLBのボストン・レッドソックスに所属し、ショートやサードを守っている右投右打の内野手で、背番号は2番。身長185.4cm、体重95.3kg。

 

ザンダー・ボガーツ選手は右バッターなんですね。それでこれだけのヒットを打っているのは、本当に凄い選手なんだなと思います。しかもまだ年齢が23歳なので、将来は凄い選手になりそうです。

 

ザンダーボガーツ選手は2009年にボストン・レッドソックスに入団していますが、その時の契約金は41万ドルで、背番号は72番だったそうです。

 

2012年の開幕前に、「ベースボール・アメリカ」の有望株ランキングで、ウィル・ミドルブルックス選手に次ぐ球団2位に選ばれ、全体では58位にランクイン。そして7月の「オールスター・フューチャーズゲーム」に世界選抜の一員として出場し、8月に1A+から2Aに昇格。

 

ザンダーボガーツ選手が本格的にメジャーで出場したのは2014年からで、3月7日にボストン・レッドソックスと1年契約を結び、自分で希望して、尊敬するデレク・ジーター選手と同じ背番号2番に変更してもらったそうです。

 

2014年のザンダーボガーツ選手の成績は、144試合に出場し、打率.240・安打数129・本塁打12・打点46・盗塁2という結果で、ポジションはショートを中心にサードも守っていました。

 

2015年に打撃が開花し、156試合に出場して、打率.320・安打数196・本塁打7・打点81・盗塁10という好成績を収め、打率と安打数はア・リーグ2位だったそうです。

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ