サムネ背景

渡辺一平の中学や高校、経歴などのwikiや彼女は?オリンピック新記録!

 

渡辺一平の中学や高校、経歴などのwikiプロフィールをまとめました。渡辺一平選手は、リオオリンピックの競泳男子200m平泳ぎの準決勝で、オリンピック新記録を樹立し、全体1位で決勝戦に進出して話題になっています。

 

スポンサードリンク

渡辺一平の経歴などのwikiプロフィール

渡辺一平(わたなべいっぺい)選手は、1997年3月18日に大分県津久見市で生まれました。

 

2016年8月10日現在の年齢は19歳で、身長193cm、体重76kgという、日本人選手としては大型の競泳(平泳ぎ)選手。

 

渡辺一平選手は津久見市立津久見小学校を卒業し、中学は、津久見市立第一中学校へ進みます。

 

高校は2012年に大分県立佐伯鶴城高等学校に進学し、高校に入学してから頭角を現し始めます。

 

そして、高校2年生の時には「南京ユースオリンピック」の日本代表に選ばれ、男子200m平泳ぎに出場し金メダルを獲得しています。

 

「第37回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季」に3年生の最後に出場し、その大会で100mと200mの平泳ぎで優勝し、大会最優秀選手として表彰されました。

 

大学は早稲田大学のスポーツ科学部へ入学。リオオリンピックの200mバタフライで銀メダルを獲得した、坂井聖人選手の後輩になります。

 

スポンサードリンク

リオオリンピックの代表に!

2016年4月から大学2年生になり、「第92回日本選手権水泳競技大会」に出場し、男子200m平泳ぎの予選で、2分8秒83の自己ベストタイムを記録。

 

決勝戦は2分9秒45秒で2位に入り、リオデジャネイロオリンピック代表の派遣標準記録を突破したので、見事代表の座を獲得しました。

 

そして、2016年8月10日に行われた、リオオリンピックの競泳男子200m平泳ぎの準決勝で、2分7秒22のオリンピック新記録をマークし、全体1位で決勝戦に進出。

 

これはもちろん、渡辺一平選手の自己ベストで「先ほど先輩の坂井聖人さんがメダルを取ってくれたので、絶対に決勝に残ろうという気持ちで全力でいきました」とコメントしていたそうです。

 

直前に早稲田大学の先輩の坂井聖人選手が銀メダルを取ったので、それが良い刺激になったみたいですね。

 

この勢いで決勝戦で金メダルを獲得して欲しいです!小関也朱篤選手も全体4位で決勝に進んでいるので、日本人ダブルメダルにも期待が持てます。

 

渡辺一平選手の彼女についても調べてみましたが、公になっている情報は見つかりませんでした。

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ