サムネ背景

請川博一(ドローンパイロット)の仕事や収入は?免許や資格は必要?

0909ukegawa01(画像:NHKホームページ)

 

請川博一さんっていうドローンパイロットを仕事にしている人を知ってる?

 

請川博一さん?知らないわ。ドローンパイロットってドローンを操縦する事を仕事にして収入を得ている人の事を言うの?

 

そうだよ。今回は請川博一(うけがわ ひろいち)さんのプロフィールや、ドローンパイロットは免許や資格がいるのかについて調べてみようと思うよ。

 

【話題記事】ブラタモリが表彰された理由は?感謝状が贈呈される場所はどこ?

 

スポンサードリンク

請川博一さんのプロフィール

請川博一(うけがわ ひろいち)さんは年齢が55歳で、北海道の旭川市を拠点にするドローンパイロットだよ。

 

請川さんは、いろいろなCMやテレビ番組の撮影現場で活躍していて、常に最高の瞬間をドローンによって確実に映像におさめる、まさにプロフェッショナルなパイロットだ。

 

空撮キャリア30年の請川博一さんは、5月23日に放送されるNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀に」出演するよ。

 

時速40キロで走るタイヤを接近かつ低空飛行のドローンでピッタリとらえながら急上昇させて、草原の広い風景につなげる「究極のワンカット」の撮影に密着するらしいわね。

 

ドローンパイロットの請川博一さんが、どんな究極のワンカットを撮影するのか、すごく見てみたい!

 

ドローンパイロットの仕事や収入は?

【ドローンを見つけた動物達の反応】

 

ドローン(Drone)は日本語では「無人飛行機」と訳されるよ。

 

ドローンパイロット(操縦士)を仕事にしている人は、農業(農薬や飼料の散布)、建設現場、商業写真や撮影、映画やドラマなどの映像作品の空中撮影といった場所で活躍している。

 

ドローンは最近出てきたものだから、法律的な問題なんかをまだまだ整備する必要があるみたいだよ。

 

でも、これから請川博一さんのようなドローンパイロットが活躍する場が増えると思うわ。

 

最近は、ドローンと利用しての輸送なんかも始まっているから、それが本格的になってくると、逆に仕事を失ってしまう人が出てくるかもしれないね。

 

ドローンパイロットの気になる収入だが、需要に対してパイロットが足りていないという事もあって、1回の仕事で15万~50万くらいの報酬がもらえることもあるらしい。

 

かなり高度な技術が必要だから、これからもっと需要が増えてくると、ドローンパイロットの収入はもっと上がるかもしれないね。

 

【話題記事】受験のシンデレラがNHK BSプレミアムでドラマ化!出演者やあらすじは?

 

スポンサードリンク

資格や免許は必要なのか

ドローンパイロットになるには、今のところ資格や免許は必要ないみたいだね。

 

まあ、でもドローンパイロットに仕事を依頼する方からすると、当然経験や実績がある人を採用する事になるよな。

 

IT系やクリエイティブ系に特化した教育事業をてがけている事で有名な「デジタルハリウッド」が、ドローンの操縦技術を学べるコースを開講することを発表したみたいだね。

 

「航空法、電波法などの関連法規」「ドローンの仕組み・メカニズム・ドローン飛行実習」といった内容が学べるらしいから、ドローンパイロットを目指す人向けになっているわね。

 

ドローンが総理官邸に侵入した事件なんかもあったから、「資格制」「届け出の義務化」「飛行禁止区域の設定」とかの法律が日本でも検討され始めているみたいだよ。

 

ドローンを操縦する為に、資格や免許が必要になる時代もそう遠くはなさそうね。

 

【話題記事】百田夏菜子の朝ドラ秘話!モモクロに何が?『伝七捕物帳』主題歌決定!

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ