569-2

【悲しい別れ】日本一に3度輝いた上田利治、名誉監督が死去…。

ライター:SARI

プロ野球の元監督の上田利治が、
80歳にして死去したことが分かりました。

 

上田利治さんは、現在のオリックスなとで
監督を務め、3度の日本一となった凄腕の
監督なのです。

 

現在に至るまでと、
監督を辞任したのは「家庭の事情」
というのは本当なのでしょうか?

 

プロ野球監督が「家庭の事情」って…?
どんな人物なのか気になって調べてみました。

 

<スポンサードリンク>

元プロ野球監督 上田利治【プロフィール】

突然の悲しい知らせに驚きましたね…

 

上田利治さんは、自らが監督を務めあげて
3度の日本一となった偉大な方なんです!

 

そんな上田利治さんを知ってほしい!!
経歴・プロフィールについてまとめました。

 

◇ 上田利治(うえだとしはる)

 

◇ 出身地:徳島県海部郡宍喰町
(現在の海陽町)

 

◇ 生年月日:1937年1月18日

 

◇ 身長:177 cm/体重:71 kg

 

【選手情報】

投球:右投/打席:右打

ポジション:捕手

プロ入り⇒1959年

初出場⇒1959年4月22日

最終出場⇒1961年10月17日

 

【野球選手経歴】

・徳島県立海南高等学校

・関西大学

・広島カープ (1959年~1961年)

 

【監督・コーチ経歴】

・広島東洋カープ (1962年~1969年)

 

・阪急ブレーブス
現在のオリックス・ブレーブス
(1971年~1978年, 1981年~1990年)

 

・日本ハムファイターズ
(1995年~1999年)

 

大学進学は、弁護士になるつもりで
一般入試で合格して関西大学二部法学部に
進学したのですが・・・

 

高校時代のキャリアを買われて
野球部に入部しプロへの道を選ぶことに!

 

そんなキカッケがなかったら、
プロ野球には携わらない弁護士に
なっていたのかもしれませんね~

「家庭の事情」で監督辞任って本当?

プロ野球の監督が、
「家庭の事情」で監督辞任って本当?

 

このキーワードを見た時には、
とっても驚きました・・・

 

上田利治(うえだとしはる)元監督は、
1995年に日本ハムの監督に就任しました。

 

当時二軍でくすぶっていた
6年目の岩本勉を「秘蔵っ子」で抜擢した。

 

1996年には、オリックスと優勝争いをし
日本ハムに久々の優勝が見えていた……

 

しかし…1996年9月9日に、
上田利治(うえだとしはる)は

 

「家庭の事情」を理由に突然の休養。

 

その結果か、まさかの失速で
優勝を逃してしまったのでした…。

 

どうやら本当のようですね(・・;)

 

「家庭の事情」というと、
様々な理由が考えられますが…

 

実際の詳しい内容は、
公開されていないようです。

 

<スポンサードリンク>

まとめ

野球界の歴史に刻まれた人物の
一人である上田利治(うえだとしはる)
元監督の悲しい知らせには驚きましたね…

 

3度の日本一に輝かせた監督時代は、

 

本当に素敵な選手であり、
監督だったのですね~!!!

 

上田利治(うえだとしはる)さんの
ご冥福をお祈りいたします。

 

感謝の気持ちを伝えたいですね…
ありがとうございました。

 

今後の野球界もどこかで、
見守っていていただけたらいいですね。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

Facebookページにいいね
いただけると嬉しいです♪




サブコンテンツ

このページの先頭へ