サムネ背景

辻沙絵(つじさえ)がかわいい!彼氏やwikiは?リオパラで銅メダル!

 

辻沙絵(つじさえ)がかわいい!と話題で、彼氏やwikiが注目されていましたが、リオパラリンピック(リオパラ)で見事に銅メダルを獲得しました!

 

スポンサードリンク

かわいい美女ランナーの辻沙絵

かわいい美女ランナーとしても注目を集めていた、リオパラリンピック日本代表の辻沙絵選手。

 

2016年9月14日にオリンピックスタジアム行われた、リオデジャネイロ・パラリンピックの女子400m(T47)決勝で、1分00秒62のタイムを記録し、初出場で見事銅メダルをクトクしました。

 

辻沙絵選手は、リオパラでの日本女子選手初めてのメダルに、「メダルを目標にしてきたので、すごくうれしいです」と涙でコメントしたそうです。

 

辻沙絵選手のwikiプロフィール

辻沙絵(つじさえ)選手の生年月日は1994年10月28日で、現在の年齢は21歳。

 

北海道七飯町(ななえちょう)出身の辻沙絵選手は、身長158cm、体重45kg、血液型はO型。

 

辻沙絵選手の学歴としては、中学は函館市立本通中学校、高校は茨城県立水海道第二高等学校を卒業し、現在は日本体育大学に在籍しています。

 

ハンドボールを始める

辻沙絵選手の凄い所は、陸上競技を始めてまだ1年半だということです。

 

辻沙絵選手は生まれつき右肘から先がない、先天性の右上肢欠損の障害を持っていましたが、「ものすごくショックだった。それしか覚えていない」と、自分には腕がないことを認識した時のことを振り返って話しています。

 

ただ、「できないことを減らしていこう」という前向きな気持ちを持ち、小学校5年生の時からハンドボールを始めたそうです。

 

辻沙絵選手はパスが上手く取れないなどといった悔しさをバネに泣きながら練習に練習を重ね、努力の結果、いろいろな高さのボールをキャッチできるようになり、中学2年生で健常者に混じってレギュラーにまでなっています。

 

さらに、ハンドボール全国大会出場の常連、茨城県・水海道第二高校に進学し、インターハイでベスト8の成績を残し、国体にも出場。

 

そして、スポーツ推薦で日本体育大学に進学し、ハンドボール部に所属。関東1部リーグで活躍していました。

 

スポンサードリンク

陸上競技に転向

辻沙絵選手は、日本体育大学が参加している「パラアスリート発掘プロジェクト」という、障害者のアスリートを支援・発掘する企画で行われた体力測定で、瞬発力に優れているという結果に。

 

そうした結果や2020年に東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定したこともあり、大学から勧められて陸上でパラリンピックを目指し始めました。

 

最初はハンドボールと陸上競技を掛け持ちで、陸上を始めてたった2か月後には、大分パラ陸上の100mと200mで日本新記録を樹立。

 

2015年10月に出場した初めての国際大会・IPC世界陸上に出場し、100mで6位に入賞したことをきっかけに、陸上競技1本に絞ることを決意し、400mにメイン種目を変更。

 

2016年4月に行われた大分パラ陸上で、59秒96で日本記録を更新して優勝し、今回のリオパラリンピックで見事に銅メダルを獲得しました!

 

辻沙絵選手は、「もっといいメダルが欲しいし、速くなりたい」とコメントし、2020年の東京パラリンピックへ気持ちを新たにしていたそうです。

 

辻沙絵選手の彼氏は?

かわいい美女アスリートの辻沙絵選手なので、彼氏がいるかどうかについてもたくさん検索されているみたいです。

 

辻沙絵選手は、マツコ・デラックスさんと対談したことがあり、その中でアメリカンフットボールの選手と付き合っていると自分で話しています。

 

ポジションがクオーターバックだということまで話していて、そういったことから、辻沙絵選手と同じ日本体育大学のアメフト選手・重本健太選手が彼氏なんじゃないかという噂がネットでは流れています。

 

重本健太選手は辻沙絵選手と同級生で、ポジションもクオーターバック。好きなタイプは「背が低い」「笑顔が素敵」「すぐに寝る」女性だそうです。

 

好きなタイプで「すぐに寝る」という表現はしないと思うので、たぶん彼女のことを言っているんじゃないでしょうか。それが辻沙絵選手かどうかは分かりませんが。

 

最後に

今回は、リオパラリンピックの女子400mで見事に銅メダルを獲得した、辻沙絵選手についてまとめました。

 

生まれつき右腕がないという障害を抱えながら、ハンドボール選手として大学にまで進学し、陸上競技に転向してわずか1年半での銅メダル獲得。

 

辻沙絵選手の身体能力の凄さに驚きますが、それ以上に相当な努力をしてきたんだろうなと思います。

 

4年後の東京オリンピックはまだ25歳なので、本当に楽しみです。

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ