サムネ背景

友田麻美子の仕事(職業)は何?脱退(解雇)の理由は?会員番号7番!

元おニャン子クラブの幻のメンバー・友田麻美子さんの現在の仕事(職業)が話題になってるね。

 

友田麻美子さん、もう48歳になるのね。今日放送されたTBS「爆報!THEフライデー」で31年ぶりにテレビに出演して、脱退や解雇の理由を話していたわね。

 

友田麻美子さんは、おニャン子クラブでは、会員番号7番だったんだね。

 

スポンサードリンク

おニャン子クラブとは?

おニャン子クラブは、1985年にフジテレビのテレビ番組「夕やけニャンニャン」から誕生した、女性アイドルグループ。

 

1985年4月1日に番組が始まると同時に、番組内のアシスタントとして同時に芸能界デビューして、3か月後の1985年7月5日に、「セーラー服を脱がさないで」というシングル曲でデビューしたんだね。

 

それからも、今のAKB48みたいに、グループ内から別のユニットが誕生したりして、1980年代の中頃を代表するアイドルだったのよ。

 

でも、番組開始から2年後の1987年8月31日に「夕やけニャンニャン」が終了して、たった2年半で解散したんだね。

 

友田麻美子さんが脱退した理由

友田麻美子さんは、昭和43年1月8日生まれで、東京都出身、当時のプロフィールによると、身長160cm、体重47kg、スリーサイズ:83-60-86、血液型はA型だったみたい。

 

友田麻美子さんさんは、会員番号7番で「おニャン子のエース」とファンの間で呼ばれていて、同い年の会員番号4番の新田恵利さんと一緒に、センターポジションを務めていた。

 

でも、おニャン子クラブが結成されてから、1週間後にメンバー6人が新宿の喫茶店でタバコを吸っているところを、週刊文春に撮られてしまったんだね。

 

その事が報道されて、17歳だった友田麻美子さんと他の5人が、おニャン子クラブを解雇されて脱退したのよ。

 

週刊文春は、そんな昔からスクープしまくってたんだね(^-^;

 

友田麻美子さんは当時を振り返って、写真を撮られた時は「まず一瞬頭が白くなって固まった。ギョッとしたし。『しまった』というか。すぐには(事態が)理解できなかったですね」と言っていたな。

 

実際にタバコを吸っていて、それがカッコいい大人の女性だって勘違していたみたいだね。

 

あの事がなかったら、自分も楽しくコンサートをしていたと思うみたいな事を言っていたから、やっぱり後悔しているのね。

 

スポンサードリンク

脱退後の仕事は?

友田麻美子さんがおニャン子クラブを解雇になって脱退してから、どんな職業の仕事をしていたかが気になるよね。

 

おニャン子クラブを解雇されてからは、定職には就かないで、イベントコンパニオンなんかをしていたみたいだ。

 

24歳の時には、婚約までしていた恋人との破局もあったらしいよ。

 

それから、一から自分でデザインを勉強して、手縫いのバッグを30歳の頃から作り始めて、生活費の足しにしていたみたいね。

 

情報誌の目立たないようなところに、友田麻美子が作ったバッグの写真が載っていて、それが口コミで大人気になって、注文がたくさんくるようになったみたい。

 

そのバッグを、カリスマモデルの黒田知永子さんが持つようになったりして、友田さんは一躍人気デザイナーの仲間入りを果たした。

 

なんかすごい話だね。

 

でもきっと、そうなるまでにはいろんな苦労をしてきたのよね。最近、アイドルの子が解雇されたりしているけど、やっぱりその後は大変なのかしらね。

 

スポンサードリンク

【関連記事】生稲晃子のおニャン子クラブの先輩って誰?会員番号1番から39番!




サブコンテンツ

このページの先頭へ