「小さな巨人」半沢直樹の脚本を手掛けた脚本家だった!キャストは?

ライター:SARI

 

 

【主演】長谷川博己ドラマ『小さな巨人』
4月16日(日)よる9時からスタート☆

 

予告などをみて「あれ、もしかして?」と、
思っている人もいるのではないでしょうか?

 

ドラマ『小さな巨人』の脚本は、
あの大人気ドラマ『半沢直樹』制作した
チーム(スタッフ)が作り上げたそうです。

 

「半沢直樹」というと…とにかく面白い(笑)
どういった脚本を手がけたのでしょうか?

 

<スポンサードリンク>

ドラマ「小さな巨人」基本情報・原作について

ドラマ「小さな巨人」の気になる情報☆★

 

【基本情報について】

 

放送時間:毎週日曜よる9時~

放送局:TBS系

放送開始日:4月16日よりスタート

原作:オリジナルドラマ
(アメリカの映画「小さな巨人」は関係無し)

脚本:丑尾健太郎、八津弘幸

プロデューサー:伊與田英徳、飯田和孝

演出:田中健太、渡瀬暁彦

監修:福澤克雄

製作著作:TBS

 

【原作について】

 

〇 漫画「小さな巨人」は、

バロン吉元という方が書かれていて、
1994年に販売されて5巻までだそうです。

正義感にあふれているといますが、
恋に悩むという意味では、これは違うかと…

 

〇 映画「小さな巨人」は、

映画にも「小さな巨人」がありました。

1970年のアメリカ映画でした。

 

これまた、内容が異なるので違うようです。

 

ドラマ「小さな巨人」には、
タイトルは一緒でも関係のないものばかり。

 

このドラマ「小さな巨人」は、
原作のないので完全オリジナル脚本!!

 

そこで気になるのは、
脚本は誰が手掛けたのでしょうか?

ドラマ「小さな巨人」の脚本家は半沢直樹!!

完全オリジナルドラマ!!
「小さな巨人」の気になる脚本は、

 

あの人気ドラマ「半沢直樹」を、
手掛けた脚本家なのです(●´ω`●)

 

あの超強めキャラクター
ドラマ「半沢直樹」の脚本と同じ人、
すでに面白そうな気がします・・・♪

 

〇 ドラマ「小さな巨人」は、
2人の脚本家が手掛けたそうです。

・ 丑尾健太郎
「ショムニ2013」
「陽気なギャングが地球を回す」
「水球ヤンキース」

・ 八津弘幸
「半沢直樹」
「下町ロケット」
「家政婦のミタゾノ」

 

代表作ばかりですよね!!
脚本からも注目度が高いようです☆

脚本家「丑尾健太郎」プロフィール

〇 丑尾健太郎(うしおけんたろう)

 

〇 生年月日:1976年5月28日

 

〇 神戸大学経済学部 卒業

 

〇 愛媛県 出身

 

〇 職業:脚本家

大学卒業後には、印刷会社に入社。

そこで映画やドラマ、舞台などの
膨大な数の脚本や台本を手掛ている。

脚本家としての基礎は、
そこで培われたようですね。

 

 

【脚本家:丑尾健太郎の主な作品】

■ ドラマ

「とくせん」
(2008)

「DRAMADA-J 未来は僕らの手の中に」
(2009)

「TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~」
(2013)

「ショムニ2013」
(2013)

「福家警部補の挨拶」
(2014)

「水球ヤンキース」
(2014)

「HEAT」
(2015)

「無痛」
(2015)

「小さな巨人」
(2017)

 

■ 映画

「陽気なギャングが地球を回す」
(2006)

「青空のルーレット」
(2007)

「シャカリキ!」
(2008)

「THE LAST MESSAGE 海猿」
(2010)

■ アニメ

「ウチュレイ!」
(2009)

(引用元:https://ja.wikipedia.org)

 

<スポンサードリンク>

脚本家「八津弘幸」プロフィール

〇 八津弘幸(やつひろゆき)

 

〇 生年月日:1971年9月1日

 

〇 日本大学芸術学部 卒業

 

〇 職業:脚本家、小説家、漫画原作者

 

主な脚本作品には、「Dr.伊良部一郎」
「半沢直樹」「下町ロケット」 など

有名作品も多く、
ファンも多い脚本家です^^

 

 

【脚本家: 八津弘幸の主な作品】

■ ドラマ

「H-code~愛しき賞金稼ぎ~」
(2007)

「RESCUE~特別高度救助隊」
(2009)

「魔女裁判」
(2009)

「クロヒョウ 龍が如く新章」
(2010)

「Dr.伊良部一郎」
(2011)

「棘の街」
(2011)

「シュガーレス」
(2012)

「半沢直樹」
(2013)

「HAMU-公安警察の男-」
(2014)

「ルーズヴェルト・ゲーム」
(2014)

「流星ワゴン」
(2015)

「刑事7人」
(2015)

「下町ロケット」
(2015)

「赤めだか」
(2015)

「家政夫のミタゾノ」
(2016)

■ 映画

「イキガミ」
(2008)

「晴れのち晴れ、ときどき晴れ」
(2013)

「神さまの言うとおり」
(2014)

■ 漫画原作

「RODIN」
「ハンマーセッション!」
「義風堂々!!疾風の軍師 -黒田官兵衛-」

(引用元:https://ja.wikipedia.org)

ドラマ「小さな巨人」キャストとは?

ドラマを盛り上げてくれるキャスト達とは?

 

◆ 長谷川博己 (役:香坂真一郎)

ノンキャリ最高峰の
「未来の捜査一課長間違いなし」と
将来を嘱望されていた警視庁の刑事。

しかしたった一つのミスで、
所轄に左遷されてしまう…。

父も警察官だったが万年所轄で引退。

妻である美佐と暮らしている。

 

◆ 岡田将生 (役:山田春彦)

東大出身ながら現場最高峰の、
捜査一課長になる為に敢えて
ノンキャリを選んだ警視庁の刑事。

父は元警視庁のキャリアで、
内閣官房副長官にまで上り詰めた人物。

果たして何故彼は、
自らノンキャリの道を選んだのか。

そこにはある未解決事件が関わっていた…

 

◆ 安田顕(役:渡部久志)

香坂が左遷されてきた所轄で
同僚になることになった刑事。

出世欲は無し、
単独行動も多く扱いにくいのだが、

彼には絶対に曲げたくない
正義への信念がある・・・。

香坂とは度々衝突することに…。

 

◆ 駿河太郎(役:藤倉良一)

警視庁捜査一課の刑事。香坂の同期。

 

◆ 手塚とおる(役:柳沢肇)

警視庁刑務部監察官。

警察官による不正を調査する役職、
香坂の左遷を言い渡す人物・・・。

 

そのほかにも、
ユニークなキャストが多数出演(^^♪

 

<スポンサードリンク>

まとめ

ドラマ「小さな巨人」は、
脚本から注目の高い作品です♪

 

放送が待ち遠しいですね!!

 

半沢直樹のインパクトの強さ!
「小さな巨人」にもまた魅力あふれる力が!

 

あるのではないでしょうか?!

 

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました(*’ω’*)♡

応援してくださると嬉しいです♪

このページに「いいね!」を
クリック宜しくお願いします☆

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ