サムネ背景

田代沙織の弟は映画監督、父は落語家、弟の嫁は女優、旦那はスロット

 

田代沙織さんって、弟が映画監督で、父親が落語家、弟の嫁が女優、旦那さんはスロットで稼いでるらしいよ。

 

田代沙織さんって、笑点の引退を発表した落語家の桂歌丸(79歳)の孫弟子で、去年2015年11月に結婚した中学時代の同級生で不動産会社社員の一般男性(31歳)と、昨日2016年5月1日に千葉県浦安市にある東京ディズニーシー・ホテルミラコスタで挙式と披露宴を開いた人よね。

 

登場人物がたくさんいるので、1人ずつまとめていくのだ。

 

 

落語ができるアイドル田代沙織

スポンサードリンク

まず、今回の主役、田代 沙織(たしろ さおり)さんは、誕生日・1984年7月8日、年齢31歳、出身地・東京都、血液型・B型、身長・162cm、スリーサイズ・B86 W60 H86で、落語ができるアイドル『落ドル(ラクドル)』として、生島企画室に所属してタレント活動をしているよ。

 

田代沙織さんは、落語家で社団法人落語芸術協会理事の桂歌春の娘として、東京都板橋区高島平で生まれたわ。

 

板橋区立高島第三中学校、東京都立小石川高等学校から共立女子短期大学文科第一部に進学して、2006年3月に卒業しているよ。

 

田代沙織さんは、「世界初の落語ができるアイドル『落ドル(ラクドル)』」をキャッチコピーにして、タレントと落語家として活躍している。

 

とても滑舌が良くて、ハキハキとした喋り方が特徴なのだ。

 

 

田代沙織の弟、田代尚也

スポンサードリンク

田代沙織さんお弟、田代 尚也(たしろ なおや)さんは、1987年生まれの映画監督で、立教大学現代心理学部映像身体学科を卒業しているよ。

 

2010年に大学の卒業制作として監督した映画『女子高生のはらわた』は、250万円の予算を自腹で制作、アクションと残酷な特殊メイクを多用したという事が、映画祭で話題になったわ。

 

田代尚也さんは、特殊メイクを駆使した映画が多いよね。

 

学生時代に、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭主催のワークショップで、残酷効果(特殊効果)の第一人者、西村喜廣さんと知り合いになって、特殊メイクアトリエ「有限会社西村映造」に行くようになったのがきっかけらしいぞ。

 

2010年4月7日から9月22日までTBSで放送されていた、爆笑問題の冠番組『爆!爆!爆笑問題』に出演した事があるのだ。

 

 

田代沙織の弟の嫁、衣緒菜

 

田代沙織の弟、田代尚也さんの奥さんは衣緒菜(いおな)さんで、大分県出身新宿在住、女優、モデル、振り付け、表現者、美容系経営者など、色々七変化するAB型さそり座らしいよ(衣緒菜さんのTwitterプロフィールより)

 

衣緒菜さんは、本を読むのが好きみたいね、ツイッターにこんなツイートがあったわ。「本を一気に5冊読んだから頭ショートしそう、プリン食べよーっと。お風呂先のがいいかな?」

 

衣緒菜さんは27歳みたいだな、2016年4月29日のブログで『27歳の現実』というタイトルで記事を書いているぞ。

 

小さい頃い描いていた未来になったかと聞かれると非常に複雑。

お芝居をしたくて女優さんにはなりたかったけど元々有名願望というより変身願望で、
大人になってある程度経験してだいぶ満たされたからなのか、実は今の現状で満足しかけている自分がいて、それでいいのかと自問自答したりもして、

もちろん控えてる出演作品があるのは嬉しいし声をかけて頂くことがあるのもお仕事を頂けるのもすごく嬉しい。だけど、きっともっとみんなハングリーなんだろうなぁと思うと場違い感をたまに感じる。

引用元:http://iona1104.exblog.jp/

 

衣緒菜さんと田代尚也さんの結婚式はちょっと変わっているのだ。内容的にここでは書けないので、もう終わっているけど気になる人はこのページを見てみるのだ。

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/18797

 

 

田代沙織の父、桂歌春

 

田代沙織さんの父親は桂歌春(かつら うたはる)さんで、本名が田代修吉、1949年9月9日生まれの66歳、宮崎県東臼杵郡富島町(現在の日向市)出身、落語芸術協会所属し、協会理事も務めている落語家さんだよ。

 

宮崎県立延岡西高等学校を卒業した後、西南学院大学に進学、大学2年生の時に上京して2代目桂枝太郎門下に弟子入りして「桂枝八」になった後、師匠の桂太郎が亡くなり桂歌丸の門下に移り「桂歌はち」になり、その後真打ちに昇進して今の「桂歌春」になったのよ。

 

日本テレビの『笑点に』、桂歌はちさん時代に出演していたから、桂歌丸さんの弟子の中では知名度が高い方みたいだよ。

 

出身地の「日向市観光大使」に就任して、日向文化賞を受賞し、桂歌丸さんが大会名誉会長を務めている「ひむかの国 こども落語全国大会」の大会会長をを務めているぞ。

 

落語家さんは、名前がどんどん変わっていくので、覚えるのが大変なのだ。

 

 

田代沙織の夫、柳谷浩禎

 

田代沙織の旦那さんは一般人だから情報はあまりないけど、名前は柳谷浩禎(やなぎや ひろつぐ)さんで、東京渋谷区の不動産会社に勤めているみたい。

 

結婚した時には、「お嫁入りが決まって、ホッとしています」って、滑舌のいい喋りで喜びを表現していたわね。

 

2人は中学時代の同級生で、2人ともバスケットボール部に入っていたけど、当時は意識していなくて、お互いに一浪していた時に通っていた予備校で偶然再会した事がきっかけで交際を始めたみたいだよ。

 

田代沙織さんは「交際から10年、自然の流れで結婚が決まりました。彼は体調の悪そうなときの綾野剛さん似。綾野さんを残念にした感じです」「切れ長の目は似てますが、髪はボサボサで、天然ボケ…でも、やさしいんです。笑いの絶えない家庭にしたい」と旦那さんの事を話していたそうだ。

 

結婚して5か月たった今は、東京都内のマンションに住んでいて、旦那さんの給料は22万で、得意のスロットでも稼いでいるらしいのだ。お幸せになのだ!

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ