【悲報】「ミニ四駆」のタミヤの田宮昌行さんとのお別れ。病名は何?

ライター:SARI

人気ブームを巻き起こした「ミニ四駆」で
知られる模型メーカーのタミヤの社長である

 

田宮昌行(たみやまさゆき)が、
2017年5月1日に病気のため死去しました。

 

田宮昌行さん(息子)との家族や、
自宅はどこなのでしょうか?

 

田宮昌行さん(息子)の経歴や家族、
自宅などプロフィールをまとめました。

 

<スポンサードリンク>

田宮昌行社長の「株式会社タミヤ」とは?

〇 株式会社タミヤ

 

〇 〒422-8610

静岡県静岡市駿河区恩田原3-7

 

(会社設立)

1984年3月24日
(創業:1946年4月6日)

 

(事業内容)

・プラスチックモデル
・ラジオコントロールモデル
・工作キット及び関連製品の製造販売

 

資本金 5,000万円

売上高 106億2,800万円(2014年3月期)

従業員数 325名(2014年1月)

 

人気ブームをおこした「ミニ四駆」の
会社としてかなり有名ですよねー!!

 


タミヤといったら、
こんな感じの星マークですよね(‘ω’)

田宮昌行社長の経歴とは?

田宮昌行社長の、
経歴について調べてみたところ
とても華々しいものでした^^

 

〇 出身地:静岡県

 

〇 東京芸術大学 卒業

 

・1988年に銀行勤務を経て、
タミヤ入社したそうです。

 

・2008年には、
代表取締役社長へ就任。

 

トップメーカーへ押し上げた
前社長の田宮俊作氏(現会長)から

 

バトンを受け継ぎ、
プラモデルの海外展開などに尽力した!

 

田宮昌行さんと、
株式会社タミヤとの関係者について。

 

株式会社タミヤの創業者は、
田宮義雄さんだそうです。

 

もともとは1946年に、
飛行機などの木材模型を作成する
田宮商事合資会社が始まりだそうです。

 

時代の流れから…
1959年にプラスチックに参入し、
あまり成績良好といえない会社を
持ちなおすことが出来たそうです。

 

世界に通用する会社”タミヤ”へと
押し上げたのが義雄さん(現会長)の
息子である社長の田宮俊作さんです!

 

今のタミヤの基盤を築いてきたのは、
田宮俊作さんのようですよ~(*’ω’*)

 

その俊作さん次に、
社長に名乗りを上げたのが
田宮昌行さんというわけです!!

 

昌行さんは、もともと田宮家とは
関係がありませんが婿養子に入ることで

 

姓も田宮とったので、
タミヤの社長に就任したということです。

田宮昌行社長の病名(死因)とは?

田宮昌行さんが今回59歳という若さで、
亡くなった理由は、病気とされています。

 

病名はおそらくですが、
ネットで言われている病名としては

 

「白血病」と言われています。
あくまでも噂レベルのようです・・・

 

59歳という年は、
まだまだ会社を引っ張っていく
大事な存在であったでしょうね…

 

亡くなるにしては早すぎますよね。

 

 

その後は、プラモデル生産拠点である
フィリピンの子会社でも社長を務めて

 

ビジネスモデルを確立したりと、
素晴らしい業績を残しています。

 

<スポンサードリンク>

まとめ

「ミニ四駆」で知られるタミヤの
田宮昌行社長の悲しい知らせでしたね。

 

「ミニ四駆」かなりやってました!!

 

とても好きだったので、
なんだか親近感といいますか…

 

今後もタミヤの事を、
応援していきたいですね^^

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

Facebookページにいいね
いただけると嬉しいです♪

 

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ