感染性肝嚢胞が高須克弥の病名だった!病院名は?入院先で緊急手術!

 

感染性肝嚢胞(かんのうほう)が高須克弥さんの
病名という事が判明しました。

 

前回記事を書いた時は詳細が
伏せられていたのですが、
術後も順調のようで良かったです。

 

高須クリニック・高須克弥院長の
入院までや病院名などはこちらです。

高須克弥院長の病名や症状、体調不良の原因は?入院先の病院で大手術!

 

スポンサードリンク

順調な回復を報告

感染性肝嚢胞の緊急手術をした
高須克弥院長(71歳)は、

今日6月17日のツイッターで、
順調な回復ぶりを報告しています。

 

 

本当に元気そうでよかったです^^

 

それにしても、
高須院長のパワフルさは
本当に凄いなと思います!

 

スポンサードリンク

肝嚢胞とは?

高須院長が手術した病気、
肝嚢胞とは?

 

肝嚢胞は、肝臓のなかに液体の
たまった袋ができる病気みたいです。

 

高須院長は、

「カプチーノみたいな膿が
200cc出てきた」

と報告しています。

 

50歳以上の女性に多く見られ、
超音波検査を受けた人の
約5~20%に発見されるそうです。

 

「僕は珍しい病気が
体験できて幸せものだ」

 

と高須院長が言っているので、
男性がこの病気になるのは、
珍しいのかもしれないですね。

 

 

スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ