サムネ背景

高畑裕太の入院先は埼玉の北辰?社会復帰プログラムとは?病院の場所や住所は?

 

高畑裕太(たかはたゆうた)が2016年9月9日に釈放され、そのまま埼玉県内の病院に入院するという事が報じられました。

 

高畑裕太の入院先の病院は、社会復帰プログラムに実績があるというで、ネットではすでに高畑裕太が入院している病院が確定したようです。

 

その病院は、埼玉県にある「精神科急性期病院 北辰(ほくしん)」だということです。

 

スポンサードリンク

高畑裕太が入院している病院 北辰とは

高畑裕太の入院先と言われている「精神科急性期病院 北辰(ほくしん)」の場所や住所は、埼玉県越谷市七左町。

 

北辰のホームページでは、「心地よい豊かな空間のなかで短期集中治療を実現。患者様の『最善』を一生懸命考えてつくった病院です」と、特長について書かれています。

 

2006年春に「北辰」という新しい名前に生まれ変わり、患者の社会復帰を目的として、急性期に特化した新しい時代の精神科病院だということです。

 

【主なフロアと床数】

・緊急フロア

救急入院の専用フロアで、救急フロアが40床、救急保護室フロアが16床。

 

・急性期フロア

短期入院で社会復帰を目指す患者のための専用フロアが50床。

 

・短期介入フロア

精神症状に加えて内科や術後管理など、身体症状を併発した方のためのフロアが30床。

 

・特別差額フロア

全室個室で、患者の個性、ひとりひとりを大切にしているフロアが42床。

 

高畑裕太の入院先の病院が「北辰」だとすれば、「特別差額フロア」の可能性が高いような気がします。

 

社会復帰プログラムとは?

「社会復帰プログラム」という言葉は、今回の報道ではじめて聞きました。

 

北辰のHPでは、社会復帰プログラムの説明として、「退院後は『社会復帰部門』が完全にフォローいたします」とあります。

 

 

精神科急性期病院として短期集中治療を実践する「北辰」誕生の背景には、長年、秀峰会が力を入れて取り組んできた「社会復帰部門」での成果があります。

精神科デイナイトケアセンター「生徳」、生活訓練施設・援護寮「里仁」、グループホーム「一瓢」、そして地域で暮らす精神障害者のかたがたのよろず窓口である越谷地域生活支援センター「有朋」や、ご自宅で療養なさる患者さまのための訪問看護ステーション「好楽」。

退院後、患者さまが自信をもって社会復帰をなさるために、秀峰会の社会復帰部門はひとりひとりの症状や状況に合わせて、さまざまなプログラムを提供いたします。

(出典:http://www.hokusin.org/program.html)

 

社会復帰プログラムの目的は、

1.病気の再発の防止

2.就労支援

3.家族・地域との連携

とあります。

 

北辰を退院してから利用する「秀峰会」の社会復帰部門では、利用者の95%以上が再入院せずに生活をしているそうです。

 

最後に

今回は、高畑裕太が入院先の病院と噂されている「精神科急性期病院 北辰(ほくしん)」の社会復帰プログラムなどについてまとめました。

 

北辰の利用料金がどれくらいなのかが気になりますが、かなり高額だということは予想ができます。

 

高畑裕太が本気で社会復帰を目指して病院に入院したのか、一時的にマスコミを遠ざける目的なのかは分かりませんが、どちらにしろ金銭的には恵まれた環境にあるのかなと感じました。

 

スポンサードリンク

 

【関連記事】

渥美陽子が高畑裕太の隣にいた美人弁護士!年齢や高校、大学、経歴は?

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ