サムネ背景

太賀のゆとりモンスター役が凄い!「ゆとりですがなにか」が絶賛の嵐

 

太賀さんの「ゆとりですがなにか」での、ゆとりモンスター役の演技に対する評価が凄い事になっているわね。

 

確かに、太賀が演じる山岸ひろむのゆとりモンスター役は、見ていて本気で腹が立つもんな。

 

【関連記事】太賀の父と兄は誰?彼女は門脇麦?あまちゃんや恋仲に出演の俳優!

 

スポンサードリンク

「ゆとりですがなにか」とは

『ゆとりですがなにか』は、2016年4月17日から、毎週日曜日の22:30~23:25に、日本テレビ系の『日曜ドラマ』枠で放送されているテレビドラマだよ。

 

脚本は宮藤官九郎さんで、主演が岡田将生さん、「ゆとり第一世代」にあたる、アラサー世代の青年たちが、社会問題や恋愛に直面し葛藤する社会はヒューマンドラマよ。

 

宮藤官九郎さんは「社会人経験ゼロの私が、45歳にして初めて挑む社会派ドラマ」って『ゆとりですがなにか』についてコメントしたみたいだよ。

 

「ゆとりモンスター」山岸ひろむ

スポンサードリンク

太賀さんが演じる役「ゆとりモンスター」の山岸ひろむは、1993年生まれで、岡田将生さんが演じる主役・坂間 正和(さかま まさかず)の後輩で、ゆとり世代ど真ん中の入社2年目。

 

正和の説教に対してパワハラを主張して法的脅迫を含んだ、厳しい反撃をして、手塚とおるさん演じる上司の早川道郎に、「ゆとりモンスター」と呼ばれているわ。

 

ただ、安藤サクラが演じている宮下茜の正論には逆らえないんやね。

 

 

#宮下茜ですがなにか #ゆとりですがなにか #今夜10時30分第4話放送

日本テレビ日曜ドラマ「ゆとりですがなにか」さん(@yutori_ntv)が投稿した写真 –

 

 

ゆとりモンスター役へのネットの声

 

太賀が演じるゆとりモンスター役に対するネットの声はこんな感じだ。

 

「見てるこっちまで苛つかせる良い演技。」

「一話目ラストからの展開のせいで最新話で心を入れ替えたのか、心機一転したのかまるっきり読めない。腹に蓄えているものを推し量れないので、ゆとりモンスター山岸の言動にはいちいち注目せざるをえない(褒め言葉)」

「ヤマギシとヤマジ、たまにわからなくなるけど、面白いドラマ!」

「見てイライラする。ってことは演技がうまいのだろうね」

「そうなんですかーー!!中野さんの息子さんだったんですね!!本当、インパクト誰よりある役ですね!ムカつくけど、かなりツボにはいる気になる役!!」

「メイン3人はそれぞれ良い味出してるし、山岸のキャラは中毒性がある。ゆとりは今クールで一番ハマってます。」

「ドラマを見ていると自分が出会ったモンスターと似ている部分があり、当時、対応に悩んだことを思い出して吐き気がする…。(笑)それくらい、演技うまい。」

「演技力が自然ですごく惹きつけられる俳優さんですね」

(出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/cm/

 

本当に絶賛の嵐だね!

 

父親中野さんの「チョロ役」を知っている人にとっては、太賀が彼の息子という事に対して、知らなかった人はちょっと驚くよな。

 

でもお父さんも演技派の凄くいい役者さんだから、太賀さんが演技が上手なのも分かる気がするわ。

 

【話題記事】ゲス川谷の謝罪文!金スマ見てブログ更新もネット反応は「いまさら」

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ