サムネ背景

田知本遥(たちもとはるか)の高校は?ピンクとは?武井咲似でかわいい?

 

田知本遥(たちもとはるか)の高校などのプロフィールをまとめました。武井咲に似てかわいい!と言われていますが、そっくり度は何パーセントなのかや、謎のキーワード「ピンク」についても調べてみました。

 

スポンサードリンク

田知本遥のプロフィール

田知本 遥(たちもと はるか)選手は、リオオリンピック2016の柔道女子70kg級の日本代表選手です。

 

1990年8月3日に富山県射水市で生まれ、現在の年齢は26歳。

 

綜合警備保障に所属し、身長は167cm、血液型はA型。組手は左組みで、得意技は大外刈りと寝技。

 

田知本遥選手のお姉さんも柔道選手で、78kg超級で活躍している田知本愛(たちもとめぐみ)選手。同じ統合警備保障に所属しています。

 

田知本遥選手の経歴や学歴

田知本遥選手が柔道を始めたのは、小杉小学校2年生の時で、姉の愛さんと一緒に小杉少年柔道クラブに入りました。

 

柔道を始めた頃は自分には合わないと思っていて、友達がやっていたピアノを習いたいという思いがあったそうですが、許してもらえなかったというエピソードがあります。

 

田知本遥選手の父親は、小杉中学が全国中学校柔道大会の団体戦で初優勝を飾った時の主将で、女子レスリングの登坂絵莉の父親と高岡第一高校で同級生だったそうです。

 

田知本遥選手は、小杉中学校に入学したら柔道ではなく陸上部に入りたいと思っていたようです。

 

でも、お姉さんが小杉中学校の柔道部に入っていて、入学する前にOBでもある父親と一緒に柔道部に見学に行くと、田知本遥選手が柔道部に入ることが前提の雰囲気だったので、結局中学校でも柔道を続けるようになったそうです。

 

そんなにも柔道を辞めたかった女の子が、オリンピックに出場するくらいにまでなるなんて、分からないものですね。

 

でも、田知本遥選手はいいかげんなことが嫌いな性格で、それほど好きじゃなかった柔道でも、練習は全力で取り組んでいたそうです。

 

きっと、元々の運動能力が高いはずなので、柔道以外の競技でも素晴らしい選手になっていたんだと思います。

 

田知本遥選手の高校時代

田知本遥選手が進学した高校は、地元の富山県射水市にある公立高校の富山県立小杉高等学校。

 

1年生の時には、7月の「金鷲旗」と8月の「インターハイ」での団体戦で、お姉さんの愛さんと一緒に出場し、見事優勝を飾っています。

 

2007年の2月に行われた「ベルギー国際」に初めてシニアとして出場し、この大会でも姉妹優勝を果たしました。

 

2年生のインターハイでは団体戦で2連覇を果たし、ベルギー国際でも優勝し2連覇を達成。

 

3年生では、インターハイの個人戦で優勝し、全日本ジュニアでも優勝。10月に行われた世界ジュニアでは、お姉さんとの姉妹優勝を果たしました。

 

田知本遥選手の大学時代

田知本遥選手は2009年に東海大学に進学し、入学してすぐの5月に行われた「フランスジュニア国際」で優勝。

 

10月の「学生体重別」ではお姉さんとアベック優勝を飾り、「世界ジュニア」では2連覇を達成しました。

 

2年生の5月に行われた、「グランプリ・チュニス」でオール一本勝ちで優勝し、これがIJFワールド柔道ツアーでの初優勝でした。

 

10月に行われた「グランプリ・ロッテルダム」で優勝し、12月の「グランドスラム・東京」では、お姉さんとのアベック優勝を飾っています。

 

3年生の4月に行われた「アジア柔道選手権」の団体戦では、お姉さんと一緒に出場し優勝に貢献し、10月の「グランプリ・ダビ」で優勝を飾りました。

 

そして2月に行われた「グランドスラム・パリ」で、お姉さんとの姉妹優勝を果たしています。

 

4年生の5月に行われた「選抜体重別」で初優勝を飾り、ロンドンオリンピックの代表に選ばれました。

 

お姉さんの愛さんは、この時世界ランキング1位だったのですが、大会の準決勝で負けてしまったため、オリンピックの代表には選ばれず、放心状態になっている姉に対して、声をかけることができなかったそうです。

 

田知本遥選手はロンドンオリンピックでは、準決勝で負けてしまい、その試合で負傷したこともあり、敗者復活戦でも敗れてメダルを逃してしまいました。

 

スポンサードリンク

田知本遥選手の社会人時代

田知本遥選手は東海大学を卒業後、綜合警備保障に所属し、5月に行われた「アジア選手権」では団体戦に出場し、優勝に貢献。

 

2014年11月に行われた「講道館杯」で、この大会の初優勝を飾りましたが、それまで結果が残せていなかったので、負けたら引退というくらいの強い覚悟で大会に臨んだそうです。

 

2015年の4月に行われた「体重別」では、お姉さんとアベック優勝を果たし、7月の「グランドスラム・チュメニ」でも優勝を飾りました。

 

田知本遥選手は、リオデジャネイロオリンピックへの出場を最大の目標に掲げ、10月に行われた「グランドスラム・パリ」で優勝。

 

そして、2016年4月に行われた「選抜体重別」に出場し、リオオリンピックで代表を争っていたライバルの新井選手を決勝戦で破り、2年連続の3回目の優勝。

 

田知本遥選手が最大の目標に掲げていた、リオデジャネイロオリンピックの代表に選出され、「ロンドン五輪の経験を生かし、チャンピオンになって帰ってきたい」とコメント。

 

5月に行われた「ワールドマスターズ」に怪我で出場できなかったので、世界ランキングが12位になってしまい、8位の選手までに与えられるオリンピックでのシード権を、日本代表選手の中で1人だけ獲得できませんでした。

 

リオオリンピックでは、ノーシードから勝ち上がって、金メダルを獲得して欲しいです!

 

ピンクや武井咲とのそっくり度は?

田知本遥選手を検索すると、「ピンク」というキーワードがあります。これが気になったので、いろいろと調べてみたのですが、何なのかが全く分かりませんでした。

 

2015年にドーピング騒動があったので、それとなにか関係があるのでしょうか。

 

それとも、田知本遥選手のラッキーカラーや好きな色がピンクとか。画像を検索すると、背景がピンク色の写真が出てきますが(^-^;

 

田知本遥選手は武井咲さん似でかわいい!と評判ですが、有名人のそっくり度をネット投票で決めるサイトでは、2人のそっくり度は67.5%という結果のようです。

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ