サムネ背景

ドラマ砂の塔でイエモン新曲を披露しました!第1話のあらすじ・感想

ライター:SARI

 

 

2016年10月スタート!!

菅野 美穂が4年ぶりにドラマ主演!!
【砂の塔~知りすぎた隣人】
金曜夜10時放送~

今回、ドラマ砂の塔で主題歌である
新曲を披露したのは、

 

THE YELLOW MONKEY
(ザ・イエロー・モンキー)!

愛称は、イエモン

 

イエモンは、日本の代表的ロックバンドで、
2016年現在、CD総売上枚数は1008万枚
以上もの売り上げ枚数を誇っています。

 

THE YELLOW MONKEY(イエモン)は、

1988年に結成され、2001年1月より活動を停止し、
2004年7月7日をもって解散しました。

 

しかし…2016年1月!!

 

16年ぶりに再結成と全国ツアーを発表するなど
多くのファンの驚きの声が上がりました!

 

金曜ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』の
新曲となる主題歌は、再集結後初、
通算25枚目のシングルになるそうです。

 

10月19日発売の新シングルより
「砂の塔」のMVを公開しました。

 

ドラマとともに主題歌も
楽しみにして聞きたいですね♪

 

<スポンサードリンク>

タワーマンションに隠された秘密とは…

高野 亜紀(菅野 美穂) が引っ越した
先で起こる煌びやかなタワーマンションの
裏にある暗い闇。

 

セレブな主婦たちの内に潜む醜い虚栄心。

そして美しく、優しい隣人の、恐るべき真相…

 

次々と起こる連続幼児失踪事件。

どこよりもセキュリティを誇る
タワーマンションという神話。

 

しかしそこには、

 

家族を脅かす目に見えぬ【悪意】が

渦巻いていたのだ……

 

豪華出演者はこちら

主役の高野 亜紀役には、
4年ぶりのテレビドラマ主演となる菅野美穂さん。

 

さらに少し怖い雰囲気を出している
不気味な隣人:佐々木弓子役として
松嶋菜々子さん。

 

TBSドラマ初出演にして初の
本格サスペンスに挑む

 

岩田剛典さん(EXILE/三代目 J Soul Brothers)
など豪華キャストが勢ぞろい☆

 

岩田剛典さんは、がんちゃんの愛称で
多くのファンがいます(/∀\*)

 

TwitterなどのSNSでもファンからの

感極まる声もすごいです!!

 

演出担当【塚原あゆ子】の魅力!!

【塚原あゆ子】の代表作品には、
『夜行観覧車』『Nのために』などがあり、

 

スタイリッシュなサスペンスドラマを
数多く手がけてきました。

 

なかでも私が見て惹かれた作品は、
『Nのために』です!!

 

回を重ねるごとに
謎が深まっていくストーリー展開が
気になって、気になって…Σ(゚Д゚)

 

最終回まで引き込まれていくような
感覚のドラマでした?( ?? )?

 

その【塚原あゆ子】が手がけた
【砂の塔~知りすぎた隣人】では

 

どんなオリジナルサスペンスドラマが
誕生するのかが楽しみです( ?ω? )

 

最終回までドキドキが感じられそうな予感♪

 

タワマンルールに圧倒…?!

平凡ながらも家族仲よく暮らしてきた主婦、
高野 亜紀(菅野 美穂)は、

 

家族で憧れのタワーマンションに
引っ越すことになった。

 

豪華ホテルのようなマンションでの
新たな生活に、ウキウキとワクワクが
隠せない高野一家だった。

 

それも束の間…

 

そこに住むセレブ主婦たちが作った
『タワマンルール』に、

 

亜紀(菅野 美穂)は、ア然としてしまう…

 

タワマンルールって…

◇“何階に住んでいるか”によって
エレベーターの場所まで違い、

 

小学生同士でさえも低層階の
住人が高層階の人々に見下されて
しまうという「フロア差別」。

 

【階数は名刺なのよ!!】

との名言たるような言われように
驚く様子の亜紀(菅野 美穂)。

 

◇一回5000円!高額すぎるが、
参加しないと村八分にされてしまう
という「地獄のランチ会」。

 

ランチ会で5000円!とか…

 

えっ…?!!Σ(-∀-`;)

 

高すぎでしょ…!?

 

亜紀(菅野 美穂)の内心は、
必死さからも考える余裕さえも
与えられなさそうな様子であったが、

 

うわぁ~怖すぎます。

地獄のランチ会。はい。

 

◇“子ども達の成長のために”という
名目ながら、実は母親たちの
“見栄の展示会”である「強制ハロウィン」

 

強制ハロウィン…

聞くだけで楽しくなさそうな…。

 

他にも…

「ゴミ出しにも正装」

「園バスは学費の順に並ぶ」などなど、

 

外部から見るとどう考えても“変”な
ローカルルール=タワマンルールに
皆が縛られているのだ。

 

<スポンサードリンク>

生方(岩田 剛典)との再会

安全で清潔で、“子育てに最高の環境”で
あるはずのタワーマンション。

 

しかし実際には、セレブ妻たちの見栄と
虚飾にまみれた生活を目の当たりにした
亜紀(菅野 美穂)。

 

疲れた様子で……

 

そんな中で連れて行かれた
娘の体操教室で、

 

実家のクリーニング屋時代の自分をよく
知る幼馴染み:生方 航平(岩田 剛典)と
運命の再会を果たす。

 

しかし…

 

過去を知らされたくない亜紀(菅野 美穂)は、
生方(岩田 剛典)との関係を否定する。

 

なぜ過去を隠したがるのか
分からない生方(岩田 剛典)は、
亜紀(菅野 美穂)に関わろうとしているようす…

 

再会後、どんなふうに関わっていくのでしょうか……

 

ハーメルン事件発生!!

ハーメルン事件とは…

 

笛吹の男が子どもたちを街から連れ出す
グリム童話の【ハーメルンの笛吹】に
なぞらえてつけられました。

 

ハーメルン事件の内容について、

 

都内で発生した幼児誘拐事件。

 

共通点があるところから、
連続誘拐事件と判断される。

 

3件目の事件発生からは、
公開捜査に踏み切った。

 

事件の物証はほとんどなく、
犯人への手がかりは限りなく少ない。

 

被害者と事件現場の共通点はあるのか?

被害者である子どもたちの
事件時の状況をまとめてみました。

 

一人目:山口光輝ちゃん(6歳)

当時の状況:日常から、母親は子どもを
ほったらかしにして夜遊び三昧。

 

二人目:田代沙月ちゃん(3歳)

当時の状況:失踪時、ギャンブル依存症の
母親はパチンコ屋に。

 

三人目:木村健斗くん(5歳)

当時の状況:母親は「スーパーに行っていた」と
証言していたが、実際は男と浮気中。

 

どの子も、母親にほっとかれている
状況が多いように思えます。

 

事件現場の共通点は、

幼児であるということ

現場には幼児の衣服が人型に
広げられており、いずれの現場にも
黄色いカーネーションが残されていたこと

 

黄色いカーネーションの花言葉は「軽蔑」

 

犯人の目的は、無責任な
「軽蔑すべき母親」への断罪か…?

 

・いまだ犯人から身代金などの要求はない

 

第1話では、3人の子どもが被害に……

 

子育てをおろそかにする“ダメな母親”の
子どもばかりを狙う、連続誘拐事なのか、

 

それとも…?

 

人の裏側に潜む悪意。

あたたかい家族の風景。

 

第2話からも事件がどんな展開になっていくのか…?

気になりますね~(?o―o?)

 

事件の進展についても報告していきますね!

 

謎の女!弓子(松嶋 菜々子)とは…

弓子(松嶋 菜々子)は、
夫は海外赴任で子供はいない。

 

自宅でフラワーアレンジメント教室を
開いている本物のセレブ。

 

優雅で上品な容姿にもかかわらず、
全く偉ぶることのないキャラクター。

 

しかし……

 

亜紀(菅野 美穂)を不気味に監視する
謎の隣人:弓子(松嶋 菜々子)……

 

その正体は一体なんなのか…?!

 

もしや、ハーメルン事件の関わりがあるのか…?!

 

豪華キャスト陣をうならせた、
完全オリジナルストーリーです!!

 

「母親とは何か」を 問いかける
本格ヒューマンサスペンスが、
ついに登場ですね!!

 

第2話からのストーリーも気になりますね!

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました☆

 

<スポンサードリンク>




サブコンテンツ

このページの先頭へ