サムネ背景

スピードワゴンが葬式で漫才を披露。井戸田の父、富隆(よしたか)へ

ライター:SARI

 

 

お笑いコンビ
スピードワゴンが19日、

都内で行われた
『Amazon Kindle 電子書籍リーダー』
新製品お披露目会に出席しました。

 

葬式で漫才?

 

と思う方もみえるかと思いますが、

スピードワゴン井戸田潤が
亡き父富隆(よしたか)への最後の
言葉のようなものではないかと思います。

 

先日、井戸田潤(43)の
父・富隆(よしたか)さん(享年・83)が
死去したことが明らかになりました。

 

葬儀・告別式には
コンビそろって参列したとのこと。

 

<スポンサードリンク>

スピードワゴンのプロフィール

スピードワゴンは、
井戸田潤と小沢一敬の
二人組のお笑いコンビです。

 

◇ 井戸田潤(いとだ じゅん)

● 1972年12月13日生まれ 
● 身長:166㌢、体重:63㌔
● 愛知県小牧市出身
● ツッコミ(たまにボケ)担当。

立ち位置は向かって左!

元妻は、皆さんご存知であろう…
安達祐実さんで、一児あり。

今日の活躍では、【ハンバーグ師匠】
なんて呼ばれることも多々…

 

◇ 小沢一敬(おがわ かずひろ)

● 1973年10月10日生まれ
● 身長:174㌢、体重:54㌔
● 愛知県知多市出身
● ボケ(たまにツッコミ)

ネタ作りは小沢が担当しているそうだ。

立ち位置は向かって右。

● 未婚・・・

 

スピードワゴンの
代表的なネタは、小沢の女性に
対する甘い決め台詞に対して、

 

相方、井戸田の
「あま~~~~~い!!!」が
鉄板ネタかと思います。

 

最近では、なかなか聞くシーンが
減ってしまったような気もしますが・・・

 

井戸田から父 富隆(よしたか)へ贈り物・・・

井戸田は、「覚悟はできていた。
寂しいし悲しいけど、仕方がない。
運命ですから」と気丈に語ったそうです。

 

相方の小沢一敬(43)は、井戸田が
親族代表としてあいさつしたことを明かし、

「『小沢さん前に来て!』
と言われて、お父さんの棺桶の前に
呼び出されて、いきなり2分くらいの
短めの漫才を披露した」とのこと。

 

<スポンサードリンク>

葬式後の井戸田が語った言葉とは・・・

相方の小沢は、突然の漫才を
することに戸惑ったそうです…。

 

でも、小沢は「お父さんの旅立つ
大切な日になかなかのことを経験
させていただいた」と
振り返りかえったそうです。

 

「(井戸田の)お父さんもお母さんも
明るい方なので、(漫才は)ウケなかったけど、
やってよかったなと思いました」
とみんなの前で笑顔を見せたとのこと。

 

井戸田は、
「言葉が合ってるかわからないけど、
華やかなお葬式でした。」

「父が喜んでくれていたらうれしい」
と話していたみたいです。

 

父・富隆(よしたか)さんも、
きっとその場で息子の気持ちの
たくさんこもった漫才を喜んで見て
いてくれたのでないでしょうか…

 

おまけ

スピードワゴン独自の
変わったネタ作り方法・・・

 

ネタ作成は、基本的に井戸田立ち
会いの下で小沢が行う。

 

ある程度台本ができあがったら
井戸田が全体を通しで読んでみる。

 

小沢がそれを客観的に見て修正する
というやり方を採っているそうです。

 

制作中の井戸田は、部屋の掃除や
筋トレをするなど暇つぶしをしているという。

 

小沢はこれを
「原稿が書きあがるのを待ってる
漫画家と編集者みたいな関係」
と称しているそうです。

 

井戸田は原稿を読みながら、
小沢は書きながらが一番覚えやすいため、
この方式が両者に一番合っているらしい。

 

また、こういう方式を採っているためか
ネタ合わせはあまりやらないという。

 

スピードワゴンは
ちょっと変わったコンビかも。

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました☆

 

<スポンサードリンク>




サブコンテンツ

このページの先頭へ