サムネ背景

白井健三はワキ毛が無い!血液型や経歴、父・母・兄の年齢や名前は?

 

体操の白井健三(しらいけんぞう)選手のワキ毛が無い!という事が話題になっています。血液型や経歴。父・母・兄の年齢や名前などをまとめました。

 

スポンサードリンク

白井健三はワキ毛が無い!

リオオリンピック体操男子日本代表の白井健三選手。2016年8月15日現在の年齢は19歳で、8月24日で20歳になりますが、画像を見るとワキ毛が確かにありません。

 

Yahoo!知恵袋に「体操の白井健三選手はワキ毛を剃っているのですか?」という質問がありました。

 

アスリートはメンテナンスの関係で、剃毛をしている選手は多いそうなのですが、白井健三選手に関しては「(ワキ毛の)処理は時特に気にしていない」とインタビューに答えていたことがあるようです。

 

単純に体毛が薄いだけなのでしょうか。それにしてもワキ毛が全く生えていないというのは、ちょっと不思議な気がします。

 

父・母・兄の年齢や名前は?

白井健三選手の家族について調べてみました。

 

父親の名前は白井勝晃(まさあき)さんで年齢は56歳。母親の名前は白井徳美(のりみ)さんで年齢は52歳。

 

兄が2人いるようで、長男・白井勝太郎(しょうたろう)さんの年齢は26歳で、次男・白井晃二郎(こうじろう)さんの年齢は、白井健三選手より3歳年上だそうです。

 

スポンサードリンク

経歴や学歴などのプロフィール

白井健三(しらいけんぞう)選手の生年月日は1996年8月24日で、現在の年齢は19歳。

 

神奈川県横浜市出身の体操選手で、身長は163cm、体重54kg。得意種目は床で、左利き。

 

白井健三選手が体操を始めたのは3歳の時で、お兄さん2人も体操をやっていたことがきっかけだそうです。

 

小学校3年生の時に、両親が設立した「鶴見ジュニア体操クラブ」に入って、体操競技に本格的に取り組むようになります。

 

そして2011年、横浜市立寺尾中学校3年生の時に、「全日本体操競技 個人種目別選手権大会」に出場し、床運動で2位に入り話題になりました。

 

2012年に神奈川県立岸根高等学校に入学し、「第5回アジア体操競技選手権」に16歳という若さで日本代表に選ばれて出場。

 

男子種目別床運動に出場した白井健三選手は、15.225点をマークして見事に優勝を飾りました。

 

2013年10月に行われた「世界体操選手権」の種目別予選では、床運動で「後方伸身宙返り4回ひねり」と「前方伸身宙返り3回ひねり」、跳馬で「伸身ユルチェンコ3回ひねり」の新技を成功させます。

 

この3つの新技はそれぞれ、「シライ」「シライ2」「シライ/キムヒフン」と国際体操連盟により命名されました。(「シライ」は「シライ/グエン」に変更になっています)

 

そして、10月5日に行われた種目別の床運動の決勝で、16.000点をマークし金メダルに輝き、「ひねり王子」と呼ばれて注目を集めました。

 

内村航平選手からも「ひねりすぎて気持ち悪い」と言われるほど高い評価を受け、海外でも「Mister Twist」と呼ばれているそうです。

 

2014年9月4日には、男子史上最年少の17歳1か月での世界選手権金メダル獲得と、床運動で初めて「後方伸身宙返り4回ひねり(シライ/グエン)」を成功させたことに対して、ギネス世界記録に認定されています。

 

白井健三選手は2015年に日本体育大学に進学。「2015年世界体操競技選手権」の種目別ゆかで金メダルを獲得し、37年ぶりの団体優勝にも貢献しました。

 

2015年12月に行われた「豊田国際体操競技大会」では、最高のH難易度「後方伸身2回宙返り3回ひねり」を成功させます。

 

そして、2016年2月13日に国際体操連盟(FIG)から「シライ3」と命名されました。

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ