清水成駿が病気で死去。死因や病院は?経歴や大学などのwikiプロフィール

 

清水成駿(しみずせいしゅん)さんが病気で、2016年8月4日午後3時17分、東京都内の病院で亡くなられました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

清水成駿さんが何の病気だったのか、死因や病名、亡くなられた病院などは明らかにされていません。経歴や学歴などのwikiプロフィールをまとめました。

 

スポンサードリンク

清水成駿さんのプロフィール

清水 成駿(しみず せいしゅん)さんは1948年に生まれ、2016年8月4日に67歳で亡くなられました。

 

東京都出身の清水成駿さんが通っていた大学は、明治学院大学経済学部。

 

1972年に大学を卒業し、父親が経営する印刷会社が請け負っていた縁で、競馬専門紙の1馬に入社し、旧東京系のトラックマン(競馬新聞の記者の総称で、TMと略されることもある)に。

 

その後解説者になり、編集長も務め、長い間「今日のスーパーショット」というコラムを連載。

 

ラジオ日本では、土曜日と日曜日の競馬実況中継を担当。

 

週刊誌やスポーツ紙などでは「走らせる側に立って考える」という独特な視点で、競馬予想の理論を展開。

 

人気が薄い馬に本命印を敢然と打ち、「孤独の◎」として人気を集めました。

 

スポンサードリンク

 

馬券予想会社の立ち上げ

清水成駿さんは2001年末で文筆業に専念するために1馬を退社しましたが、その後も競馬評論は続けていました。

 

小説の執筆に挑戦したそうですが、挫折した事を友人の塩崎利雄さんに語っていたそうです。

 

2003年からは「馬単三国志」の連載を東京スポーツで担当。

 

2006年に、競馬における勝馬投票券の予想を提供する、馬券予想会社を立ち上げました。

 

清水成駿さんは、KKベストセラーズが発行する日本の競馬雑誌『競馬最強の法則』でも活動していました。

 

スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ