渋谷恭正はオークションサイトで子供用品を購入し、保育施設で未遂事件を起こしていた!

渋谷(渋谷)恭正(しぶや やすまさ)容疑者が2017年4月14日に逮捕され、現在も黙秘を続けています。

 

そんな中、渋谷恭正容疑者の人物像が次々と明らかになってきていますが、今回は渋谷恭正容疑者がモバオクという携帯オークションサイトで、子供用品を落札していたという情報について書きたいと思います。

 

スポンサードリンク

オークションサイトのHNは「しじみねぇね」

渋谷恭正容疑者は携帯オークションサイトのモバオクで、「しじみねぇね」というハンドルネームを名乗っています。

 

【画像】渋谷容疑者のオークションサイトのスクショ

 

自己紹介には、「はじめまして。しじみねぇねです。子供用品や洋服に興味があります。落札が主になると思いますが、慣れてきたら出品もやってみたいと思っています。気持ちの良いお取引を心掛けますのでよろしくおねがいします。」と書かれています。

 

取引実績は、販売取引が1回、購入取引が20回となっています。

 

渋谷恭正容疑者が利用していたモバオクの「評価内容を見る」をクリックすると、2010年11月11日に「本日商品の方を発送致しました。到着まで今しばらくお待ち下さいませ。発送名義人は渋谷恭正になります。この度は誠にありがとうございました。」という書き込みがされています。

 

児童保育施設でボランティア

渋谷恭正容疑者が逮捕される前に、「アサヒ芸能」の4月10日の記事で、

 

 

「千葉県庁の記者クラブに、犯人を告発する文書が届けられたのです」

「犯人とするA氏(文書では実名)が過去に児童保育施設でボランティアをしていたこと、さらに幼児への性的暴行未遂の過去を暴露していた」

 

という内容がありました。

 

渋谷恭正容疑者は保育士をしていたという情報がネット上で流れていますが、この記事のA氏が渋谷恭正容疑者の事だとすれば、保育士ではなかったという事になります。

 

ただ、児童保育施設でのボランティアは、自分の性的嗜好を満たす為だったという事は、容易に想像ができます。

 

スポンサードリンク

まとめ

今回は、渋谷恭正容疑者が携帯オークションサイトのモバオクで、「しじみねぇね」というハンドルネームを名乗って、子供用品を購入していたという事についてでした。

 

児童保育施設でボランティアをしていて、幼児への性的暴行未遂の過去・・・。こういった情報を見ていると、15年前に9歳女児が行方不明になった未解決事件に関与しているのでは?という憶測についても、十分可能性があるのではと思ってしまいます。

【余罪の可能性?】大川経香ちゃん行方不明事件とリンちゃん事件は同じ犯人?

 

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

Facebookページにもいいねして頂けると嬉しいです。




サブコンテンツ

このページの先頭へ