サムネ背景

散歩する侵略者のキャスト!脚本の長澤まさみの感想や原作、公開は?

人気舞台『散歩する侵略者』の
映画化が決定し、

キャストや公開日の発表がありました!

 

映画『散歩する侵略者』の
脚本を読んで出演を熱望したという
長澤まさみさんの感想とは?

 

スポンサードリンク

映画『散歩する侵略者』

映画『散歩する侵略者』の原作は、
劇作家・前川知大さんが率いる
劇団イキウメの人気舞台。

 

公開日は2017年9月16日(土)。

 

映画『散歩する侵略者』の監督は、
カンヌ国際映画祭で部門監督賞を
受賞したこともある黒沢清さん。

 

『散歩する侵略者』のあらすじ

映画『散歩する侵略者』のあらすじは、

 

ちいさな港町に住んでいる
真治と鳴海の夫婦。

 

真治は亭主関白で浮気者だが、
鳴海はそれを気付かないふりで
黙っているような関係だった。

 

そしてある日、
真治が行方不明になる・・・。

 

3日後に帰ってきた真治は、
人格が180度変わっていた。

 

真治は子供のように素直になり、
「真ちゃん」と呼ばせてくれる。

 

医者からは脳の障害と言われるが、
鳴海は新しい真治とやり直そうと思った。

 

しかし、
少しずつ町が変容してく・・・。

 

それは、
「侵略者」が散歩しているから。

 

ファミレスで行われる地球侵略会議。

 

『散歩する侵略者』は侵略者と
鳴海と真治の夫婦の物語。

 

映画『散歩する侵略者』のキャスト

映画『散歩する侵略者』の主人公、
加藤鳴海を演じるのは長澤まさみ。

 

夫の加藤真治は、
松田龍平が演じます。

 

そして、侵略者と行動をともにする
ジャーナリスト・桜井役に長谷川博己。

 

今のところ決まっているのは、
この3人だけのようです。

 

スポンサードリンク

脚本を読んで出演を熱望

鳴海役を演じる長澤まさみさんは、
脚本を読んで出演を熱望したそうです。

 

長澤まさみさんは、
初めて黒沢清監督の作品に参加。

 

 

細かく丁寧にお芝居をつけてくださるのですが、怒ってばかりの役だったので、いい意味で、こんなに大変でつらい現場は久しぶりだなと思いました。毎日ふらふらになりました。

(出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

 

難役に挑戦した感想を
このようにコメントしていたそうです。

 

まとめ

今回は、
映画『散歩する侵略者』についてでした。

 

侵略者に体を乗っ取られた夫、
それに翻弄される妻。

 

長澤まさみさんと松田龍平さんが、
どんな感じで演じるのかが楽しみです。

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ