サムネ背景

明石家さんまと上沼恵美子の不仲は本当?さんまのまんまで謝るのは?

 

明石家さんまと上沼恵美子の不仲の噂は本当なのでしょうか?

 

明石家(あかしや)さんまさん(60歳)と、上沼恵美子(かみぬまえみこ)さん(61歳)が不仲説について、上沼さんが22年ぶりに出演した、さんまさんの関西テレビの番組「さんまのまんま大阪から生放送SP2016」で、言った言わないの大人げない言い争いをしていました(笑)

 

スポンサードリンク

明石家さんまと上沼恵美子の不仲説とは?

明石家さんまさんと上沼恵美子さんの不仲説を報じたのは、週刊文春だったそうです。

 

さんまのまんまへの出演は乗り気じゃなかった

上沼恵美子さんは22年前、「さんまのまんま」に出演する時に、収録の為に「東京に来て欲しい」とプロデューサーから依頼されました。

 

その時上沼さんが思ったのは、東京のスタジオ観覧者に「ああ、こんなゲストか」とがっかりされたらどうしよう、という事。

 

なので、上沼さんはさんまのまんまへの出演に乗り気ではなかったのですが、懇意にしていたプロデューサーさんだったから、出演をOKしたようです。

 

今日は何でこんなに収録早いねん

そして、上沼さんは「さんまのまんま」の収録の日を迎え、さんまさんより先にスタジオに入って収録に備えていました。

 

そうすると、「今日は何でこんなに収録早いねん」という内容の、さんまさんが怒っているような声が聞こえてきて、プロデューサーさんが「上沼さんが大阪から来ているから、早く返してあげたい」といった説明をして、それに対してさんまさんが、「おかげで寝不足や!」とさらに怒りをぶつける声が聞こえてきたそうです。

 

言ってません!

上沼さんが22年前の状況を話した後、さんまさんは「言ってません!」と強く否定していました。そして、「サッカーみてたからやないですか。それは絶対ない。おれは先輩にそんな失礼な事、言うわけ絶対にない!」とさらに否定していました。

 

スポンサードリンク

39歳の時に傷ついたことは忘れない

上沼恵美子さんは、さんまさんの言葉を聞いて、本番前に嫌な気持ちになったそうです。それに対してさんまさんは、「上沼さん、絶対に間違ってますからね。夕方6時入りで寝不足やって言うたらスタッフにうけます。僕は何時に寝てるんですか」と言い返していました。

 

でも「だれがゲストやねんて言うてました。39歳のときに傷ついたこと忘れてません」と上沼さんも引きません。

 

なんで謝らなあかんの

そんなこんなで、上沼さんは「分かりました。さんまさんが言うなら受け止めました」と言って、話は解決したと思ったら「ほんまに受け止めましたか。ほんなら僕に謝ってください」と逆にさんまさんが上沼さんに謝罪を要求していました(笑)

 

それを聞いて、上沼さんは笑顔から真顔になり「なんで謝らなあかんの。なんで謝らなあかんの」と2回繰り返して、「39歳から61歳までずっと嫌なものを持ってたわけやんか。あやまるのはそっちでしょ!」と反論していました。

 

結局どうだったの?

そして最後には、上沼さんが「ほんまごめんね。ありがとうございました」と立ち上がって、「さんまさん、ごめんなさいね」と両手を合わせていました。さんまさんも「ありがとうございました。またお願いします」と上沼さんが帰るのを見送って終わりました。

 

明石家さんまさんと上沼恵美子さんの不仲説、今日のさんまのまんまでの二人のやり取りをみていると、本当だったんのかなと思う反面、ネタ?と思ったりもします。

 

「さんまのまんま」は32年目、「快傑えみちゃんねる」は22年目で、関西テレビの2大長寿番組で、しかも2人とも1955年生まれの同い年。

 

昔のお笑いの世界は、今みたいに仲良しこよしではなく、みんながライバル心むき出しで、ギラギラしていたと聞いた事があります。だから、明石家さんまさんと上沼恵美子さんの不仲説は、やっぱり本当だったのかなと個人的には思います。

 

それにしても、やっぱりさんまさんと上沼さんの喋りは面白い!是非これをきっかけに、たまには共演して欲しいです^^

 

さんまのまんまの放送局

2016年6月18日(土)に放送された、「さんまのまんま 大阪から生放送SP 2016」は、午後3時~5時30分まで放送されました。

 

放送局は15局ネットで、カンテレ、岩手めんこいテレビ、仙台放送、さくらんぼテレビ、長野放送、テレビ静岡、石川テレビ、岡山放送、テレビ愛媛、高知さんさんテレビ、テレビ西日本、テレビ長崎、テレビくまもと、テレビ宮崎、沖縄テレビです。

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ