サムネ背景

坂本昌行の会社員時代とは?旅行代理店でアルバイト?キャッチャー!

V6の坂本昌行(さかもとまさゆき)さんって会社員時代があったんだね。

 

坂本昌行さんは、一度ジャニーズ事務所を辞めて、アルバイトをしていた旅行代理店で働いていたらしい。

 

キャッチャーとして事務所に復帰したらみたいだね^^

 

スポンサードリンク

坂本昌行のプロフィール

坂本昌行さんののプロフィールで、会社員時代やキャッチャーの事まで、エピソードを振り返ってみましょうか。

 

生年月日・年齢・身長・血液型

坂本 昌行(さかもと まさゆき)さんは、1971年7月24日生まれで、年齢は44歳。

 

身長は175cmで血液型はO型。

 

芸能界入りを決意

坂本昌行さんが芸能界に入ろうと思ったのは、高校生の時で、単調な生活から逃れる為に、事務所や劇団に自分で履歴書をかいていろいろ送っていたらしいよ。

 

芸能界入りを考えたのは、両親に学校を辞める事を言う口実にしたかったからで、「メンズノンノ」のモデルにも応募したけどダメだったみたいね。

 

ジャニーズ事務所に入所

それから半年後に、ジャニーズ事務所のオーディションに合格して、入所したんだね。

 

最初の1か月くらいはレッスンに行かなかったみたいだ。

 

え?せっかくジャニーズに入れたのに何で?

 

事務所に入るという事がゴールだと思っていたから、目標を達成して気が抜けてしまったみたいだ。

 

そうしてたら、ジャニー喜多川さんから「You、何やってんの!来週、来なさい」って電話が掛かってきて、やっとレッスンにいったそうだよ。

 

練習をさぼっていたから、レッスンに参加しても全然ついていけなくて、悔しいから、ターンの練習を自分の部屋からトイレに行くときまでやっていたらしいわ。

 

やんちゃエピソード

坂本昌行さんは、ジャニーズジュニア時代、ダンスの先生から「帰れ!」って言われて、本当に帰るくらいやんちゃな人だったみたい。

 

まだ最初の頃、先輩のコンサートでステージを横切ってしまって、それを見ていたジャニーさんが「誰だ、今やったの!」って怒ったら、内心ヤバイと思いながら、なぜか上目線で「俺だけど、何!!」と言い返したらしい。

 

意外な反応にビックリしたジャニーさんは「ふーん、しょうがないよ」って返事したみたい。

 

それでファンから、「坂本君は、ジャニー社長が敬語を使って話す唯一のタレント」という都市伝説が生まれたのね。本人は嘘だって完全否定してるそうだけど^^

 

スポンサードリンク

会社員時代

坂本さんは、高校を卒業して、20歳を前に心境の変化があったみたい。

 

一生先輩のバックで踊る為に頑張るのかと思い始めて、先が見えなくて不安になってしまったらしい。

 

上を目指したいっていう向上心はあるけど、どうすればいいか進み方が分からない。

 

そして、ある人に相談した結果、ジャニーズ事務所を辞めてずっとアルバイトをしていた旅行会社に、20歳を過ぎた時に就職したそうよ。

 

なんか坂本さんが、満員電車に揺られて会社に行って、タイムカードを押している姿が、今となっては想像ができないね(^-^;

 

当時は、伝説のとんねるずの番組「ねるとん紅鯨団」が流行っていたから、 旅行会社で主催した「ねるとんパーティー」のツアコンをしたこともあるらしいぞ。

 

予定していたスキーツアーの出発前に、雨がひどくなって中止にしたら、お客さんに「なんで中止なんだ」と言われて、天候不良でって言ったら「予測しとけ!」って怒られて、ひたすら30分間謝った事もあるみたい。

 

ジャニーズに復帰

坂本昌行さんは、1年も経たないうちに、だんだん職場に居心地の悪さを感じ始めて、ジャニーズの同期や後輩達がテレビで活躍する姿を見ているうちに、もう一度芸能界に戻りたいという強い気持ちが芽生えたそうよ。

 

そこで頼ったのが、同期だった国分太一さんらしくて、「戻りたいから申し訳ないけど間に入ってくれないか」って連絡したら、二つ返事で引き受けてくらたみたい。

 

坂本さんは当然厳しい事を言われる覚悟で復帰のお願いをしたそうだが、国分さんに伝えてもらった翌日に「You、お仕事があるからおいで」とジャニーさんに電話で言われて、拍子抜けしたらしい。

 

間に入ってくれた国分さんも、あっさり復帰をOKしてくれたジャニーさんの話を聞いていると、なんか優しい気持ちになれる。

 

ちなみに、復帰して最初の仕事は、ジャニーズ事務所の野球大会のキャッチャーだったみたいよ(笑)

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ