サムネ背景

【リオオリンピック】卓球男子の銀メダル以上が確定!水谷隼が覚醒!

 

リオオリンピックで、卓球男子の銀メダル以上が確定しました!覚醒した日本のエース・水谷隼選手が強い!

 

スポンサードリンク

卓球男子の銀メダル以上が確定!

日本時間の2016年8月16日に行われたリオオリンピック卓球男子団体の準決勝で、日本がドイツを下し決勝に進出!初のメダルとなる銀メダル以上が確定しました!

 

実際に見ていましたが、昨日女子が敗れたドイツを相手に、男子が見事に雪辱を果たしてくれました。

 

卓球の団体戦は、シングル2試合、ダブルス1試合、シングル2試合の合計5試合で行われ、先に3勝した方が勝ちます。

 

水谷隼選手は、シングルスでさすがの2勝でしたが、丹羽孝希選手と吉村真晴選手のダブルスで勝てたのが、本当に大きかったと思います。

 

スポンサードリンク

試合結果とハイライト動画

第1試合目のシングルスに登場したのは吉村真晴選手。

 

ドミトリー・オフチャロフに、8-11・3-11・3-11のストレートで敗れてしまいます。

 

そして第2試合目のシングルスに登場したのが、エースの水谷隼選手。

 

対戦相手は、これまで1勝14敗と大きく負け越しているティモ・ボル選手だったので、厳しい戦いが予想されました。

 

しかし結果は、11-9・11-5・12-10のストレート勝ちで、覚醒して進化した水谷隼選手が見事に勝利しました!

 

大切な3試合目のダブルス。丹羽孝希選手と吉村真晴選手のコンビが、バスティアン・シュテーガーとティモ・ボルコンビと対戦。

 

11-5・13-15・11-4・11-5で、2セット目以外は相手を圧倒し、決勝進出のメダル確定に大手をかけました。

 

相手の選手が返せない、吉村真晴選手のサーブの威力が凄かったです。

 

そして第4試合目には、再びエースの水谷隼選手が登場し、対戦相手はバスティアン・シュテーガー選手。

 

この試合を、11-5・11-4・11-4のストレートで勝利し、卓球男子が悲願の決勝進出を果たし、銀メダル以上を確定させました!

 

水谷隼選手の2試合は本当に相手を圧倒した強さで、全く負ける気がしませんでした!

 

卓球男子準決勝のハイライト動画はこちらです。

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ