サムネ背景

種田梨沙(たねだりさ)をフシギダネに付けるファン!【ポケモンGO】

 

声優・種田梨沙(たねだりさ)さんの名前を、「ポケモンGO」でゲットしたフシギダネに付けるファンがたくさんいるみたいです。

 

スポンサードリンク

種田梨沙の名前をフシギダネに付けるファン急増

 

スポンサードリンク

種田梨沙のプロフィール

種田 梨沙(たねだ りさ)さんは、1988年7月12日生まれの28歳で、東京都出身の声優。

 

身長は153cm、血液型A型、本名は同じで愛称は「たねちゃん」。大沢事務所に所属しています。

 

種田梨沙さんが声優の仕事に興味を持ち始めたのは、中学1年生の頃で、声優関連のラジオを聴いたのがきっかけ。中学校が芸能活動禁止の学校だったので、独学で演技のノウハウを勉強していた。

 

その頃「ハリーポッター」シリーズが好きになり、ファンタジー世界への憧れを深めていく。

 

東京都内にある、美術大学びデザイン科に進学し、美術の中学校・高等学校教諭1種免許を持っている。

 

『智一・美樹のラジオビッグバン』のアシスタントオーディションに大学生の時に合格し、2007年に両親の反対を押し切って、およそ10か月間9代目アシスタントとして活動。

 

声優・三上枝織さんとは同期で、実写映画『第2写真部』の生徒役として共演した。

 

大学時代には、大沢事務所の研修生オーディションも受けて合格。

 

2015年5月に発売された『いちばんうしろの大魔王 ドラマ&キャラクターソングアルバム〜いちばんうしろにあるキモチ〜』のドラマパートが、声優としてクレジットされた初仕事だったが、役名の表記がないエキストラ。

 

短編映画『桜の温度』の劇中ナレーションが、初めてのアニメだった。

 

種田梨沙さんがテレビアニメに初主演したのは、2012年9月から放送された『新世界より』の渡辺早希役。この時は、前期エンディング曲「割れたリンゴ」をキャラクター名義で担当した。

 

CSテレ朝チャンネルで放送された「新世界よりクロニクル」というミニコーナーでは、司会も務めていた。

 

女性ファッション雑誌「AneCan」6月号に、2015年5月7日に声優として掲載されている。

 

 

スポンサードリンク

 

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ