サムネ背景

【ポケモンGO ふかそうち】複数の使い方!車や電車では使えない?

 

今回は「ポケモンGO(Pokemon GO)」の「ふかそうち(孵化装置)」というアイテムの使い方についてです。「ポケモンGO」の「ふかそうち」を複数使うための方法や、車や電車では使えない理由を説明しています。

 

スポンサードリンク

「ポケモンGO」のふかそうち

「ポケモンGO」では、レベルアップ報酬、ポケストップ、課金でタマゴ(卵)を手に入れて、それを孵化(ふか)させる事ができます。

 

タマゴを孵化せさるためには、時速10km以下で歩いたりして、指定された距離数に達成しないといけないのですが、タマゴ手に入れて歩いただけでは孵化しないという事が分かりました。

 

「ポケモンGO」のポケストップで手に入れたタマゴを孵化させるためには、「ふかそうち(孵化装置)」というアイテムを使う必要があります。

 

【ポケモンGOの事故】崖から転落!近畿大学で日本でも事故?

 

ポケモンGO「ふかそうち」の使い方

ポケモンGOの「ふかそうち」の使い方の手順は以下の通りです。

 

「ポケモンGO」のメイン画面で、画面真ん中の一番下にある【モンスターボール】をタップ(押して」下さい。切り替わった画面で、左下にある「ポケモン」をタップ。

 

するとゲットしたポケモンの一覧が出てきます。そこで左にスワイプ(スライド)すると、タマゴ一覧が表示されます。このタマゴの中から、孵化させたいタマゴを選びます。

 

タマゴの下に距離数が表示されていると思いますが、これはタマゴを孵化させるために必要な距離数です。移動する速度は、時速10km以下でないとカウントされません。

 

タマゴの孵化に必要な距離数には「2km」「5km」「10km」までの3種類があり、この距離が長いほど、レアなアイテムやポケモンがゲットできます。

 

孵化させたいタマゴを選択したら、次に【ふかそうちを使う】をタップします。そうすると、「ふかそうち」に入った卵が表示されます。

 

この状態になって、はじめて時速10km以下で移動した距離数がカウントされます。

 

スポンサードリンク

ポケモンGO「ふかそうち」を複数使う方法

ふかそうちには、「ふかそうち」と「ムゲンふかそうち」の2種類があります。

 

「ふかそうち」は3回使用すると壊れてしまい、「ムゲンふかそうち」は何回でも使用できます。

 

タマゴの孵化に対する効果はどちらも同じです。

 

「ムゲンふかそうち」最初から持っているアイテムで、1つしか使えないので、一度にタマゴを孵化できるのは1個だけになります。

 

ポケモンGOのタマゴを同時に「複数」孵化させるには、「ふかそうち」を手に入れる必要があります。

 

最初から持っている「ムゲンふかそうち」と、「ふかそうち」を使う事で、タマゴを「複数」孵化させることが可能になります。

 

「ふかそうち」の入手方法は、レベルアップ報酬や課金で可能だそうです。

 

「ふかそうち」は車や電車では使えない

「ふかそうち」に入れたタマゴは、「ポケモンGO」を起動した状態で、必要な距離を移動する事で孵化します。

 

ただ、速度10km以下という制限があるので、車や電車で移動しても、速度制限を超えてしまうので、「ふかそうち」は使えないという事になります。

 

自転車なら、ゆっくり走れば時速10km以下は可能かもしれませんが、ちょっと怪しい人に思われるかもしれませんね(^-^;

 

中には、プラレールの上にスマホを乗せて、「ふかそうち」でタマゴを孵化させるための距離を稼いでいる方もいるようです。

 

【ポケモンGOの裏技】勝手に歩く(自動で歩く)方法でタマゴをふか?

 

こんな裏技も

【ポケモンGOの裏技】ピカチュウを最初に捕獲する方法!

 

NEW【これは便利】地図上にポケモンを表示してくれるサイト

 

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ