サムネ背景

【ポケモンGOの遊び方】歩くことでしか卵(たまご)は孵化(ふか)しない?

 

「ポケモンGO(ポケGO)」の遊び方で、歩くことで卵(たまご)が孵化(ふか)するという事を知りました。

 

スポンサードリンク

「ポケモンGO」の遊び方(歩く)

「ポケモンGO」の遊び方を教えてもらっていたら、卵(タマゴ)をポケストップで入手出来るという事を知りました。

 

ポケストップでタマゴをゲットしたら、メニュー画面の「ポケモン」の「タマゴ」から確認する事ができます。

 

タマゴの下に距離が表示されていますが、「ポケモンGO」の遊び方の「歩く」ことで、距離数がカウントされ、目標の距離に達すると、タマゴが孵化(ふか)します。

 

ただ、ゲットしたタマゴを孵化させるためには、「ふかそうち」という道具を使う必要があります。タマゴをタップすれば「ふかそうち」が使えます。

 

タマゴを「ふかそうち」に入れずに、「ポケモンGO」を持って歩くだけでは、距離数にカウントされないので注意が必要です。

 

 

スポンサードリンク

「ポケモンGOの遊び方」歩くよりも自転車や車が効率的?

 

「ポケモンGO」のタマゴを効率よく孵化させるために、「歩く」よりも自転車や車を使えば、距離があっという間に稼げるのでは?と思って聞いてみました。

 

すると、タマゴを孵化させるための距離数には、時速10km以下という速度制限があるということが分かりました。

 

つまり、自転車や自動車、電車などでは、「ポケモンGO」のタマゴを孵化させるための距離にはカウントされず、基本的に「歩く」しかないようです。

 

ただ、自転車ならゆっくり走れば時速10km以下で走れるかもしれません。

 

中には、「ポケモンGO」のタマゴを孵化させる距離を稼ぐために、歩くのではなくて、プラレールにスマホを乗せて走らせるという人もいるそうです(^-^;

 

遊び方の注意点としては、「ポケモンGO」のアプリを起動させた状態で、歩くことをしないと、距離数にはカウントされないという事があります。

 

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ