50代からのバイナリーオプション入門。早期リタイア生活も夢じゃない

世界の距離

 

バイナリーオプションが初心者向きという理由

前回の投資初心者におすすめのバイナリ―オプション入門では
バイナリーオプションがどれだけシンプルか説明しました。

もう一つ、初心者向きな理由があります。

それは、少額から始められるということです。

 

どうしても投資というと、まとまった資金がないとやれない。
ある程度の資金がないと儲けることができなかったり、
失敗したりする印象をおもちの方も多いでしょう。

ところが、このバイナリーオプションは業者によりますが
100円から投資ができます。

大切な資金です。少額から始められるのもバイナリーオプションの
とても魅力的なところです。

仮に100円で投資したとし、1万円あれば100回投資するチャンスが
あります。

これって、凄いことですよ。100回も経験を積むことができるのです。

自分の経済力にあわせた金額で投資が行えます。
もし、投資に対して不安がある方は、少額から始められるとよいです。

 

<スポンサードリンク>

 

バイナリーオプションを始めるための準備

  • バイナリーオプション業者で口座開設

    バイナリーオプション業者で口座を作成する必要があります。

    筆者はオーストラリア金融庁から許可を得ており
    出勤の速さが業界ナンバーワン!の
    ハイローオーストラリアをお勧めします。

 

  • PCまたはスマホ
    スマホでも取引できますが、画面が小さいので押し間違えをすることがあります。
    指が大きい人も操作ミスをする可能性が高いです。
    可能ならばPCをおすすめします。

 

  • 資金
    当たり前ですが、資金が必要です。

    ハイローオーストラリアは5000円から始められます。
    自信がない人は、まずは5000円からどうぞ。

 

バイナリ―オプションの必勝法その2とは

バイナリーオプションだけでなく、投資に行うことについて
最も大切なことは

「資金管理」

です。

バイナリーオプションは上か下かを当てるゲームです。

バイナリーオプションは資金額一定でエントリーすると、
勝率55%が損益分岐点です。

5%はバイナリーオプション業者の手数料分がのっかっています。

普通に考えると2分の1の確率になるため、
適当に上か下かをエントリーしつづけても50%の勝率です。

少しコツを掴めば60%はそれほど難しくありません。

 

勝率55%の損益分岐点を超えているのに、凄く損失が出ている人がいます。

 

なぜ、そのようなことがおこるのでしょうか?

その理由は肝に銘じてくださいね。

勝つときは小さい金額、負ける時は大きい金額になるからです。

コツコツ、ドカーンです。

最近調子がいいから、
「今回は金額を3倍にしてエントリしよう」
「連敗しているから、次で取り戻してやろう」

と熱くなってしまうからです。

 

では熱くならず、常に冷静に行うためには
ルールを決めることが重要です。

ルールはとてもシンプルです。

それは10%ルールです。

1回のエントリーは、投資金額の10%の資金を使うということです。

10%と以下なら構いません。

 

とてもシンプルでしょ。

 

例えば、投資資金が10万円だとすると
1回のエントリーは1万円までとしてください。

低ければ、低いほど、資金管理としてはよいです。

それに、心理的な負担は抑えれます。

 

そしてエントリー金額は一度決めたら
最低でも1か月は固定
してください。

あげる時も少しづつあげてください。

また、あげる時は勝率を意識してください。

 

目安は70%以上の場合のみにしてください。

 

どんなに知識があっても、技術があっても
資金管理ができていないと、いつか負けてしまいます。

<まとめ>

・元金の10%以下でベットする。

・%が低い方がメンタルがブレにくい。

・ベット金額の変更は一ヶ月単位の勝率が7割を超えたら上げる。

・ベット金額は少しずつ上げる。

・損益よりも勝率を意識する。

 

<スポンサードリンク>
 

 

バイナリーオプションは50歳からでも充分やれます

いかがでしたか?

資金管理とマインドが重要だと理解していただけましたか?

特にマインドは年齢が高い方が安定しています。

若い時期に熱くなり、痛い経験もされたことでしょう。

 

当然、20代や30代の方も、少額から投資できるため
バイナリーオプションは最高の投資商品です。

 

最期に
投資は短くても月単位、普通は年単位で見るものなので
一喜一憂せず、長い目で見ていきましょう。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

Facebookページにいいね
いただけると嬉しいです♪




サブコンテンツ

このページの先頭へ