サムネ背景

おすすめのお年玉袋を見つけよう!中も外も喜びいっぱい間違いなし!

ライター:SARI

 

0558m30

 

おすすめのお年玉袋を
まとめてみました(^-^)

 

お年玉袋って
年々さまざまなデザインのものが
出てきているんですよー!!

 

もらう側は、中身が楽しみな
ことかと思いますが…笑

 

渡す時の楽しみもほしい!(´・ω・`)

 

そこでおすすめの
お年玉袋をご紹介します☆

 

もらう側は、
お年玉の季節が待ち遠しく思えて

 

手元に入るまで・・・

 

期待値ははかり知れませんね~ 笑

 

<スポンサードリンク>

お年玉って…なに?

お年玉とは、
新年を迎えるために贈られる
金品のことをいいます。

 

別名は、年玉(としだま)ともいいます。

 

現在では、
特に子供に金銭を与える習慣
及びその金銭の意で用いられています。

 

お歳暮とは違って、
目上の者が目下の者に贈るのが
特徴だそうです。

 

子から親へ贈る場合は
表書きを「お年玉」とします。

 

お年玉の相場っていくらなの?

お年玉って、あげる側になると
迷う方ってみえるかと思いますが…

 

お年玉の相場っていくらなの?
と考えることありませんか?

 

ほとんどの家庭では、

 

あの子いくつになったの~?と

 

【年齢】×【500円】といった決め方を
されている方が多いのかと思います。

 

私自身、高校生までもらっていましたが…

 

我が家の場合ですと、

上限制だったので…

 

10,000円といった固定でした(๑º―º๑)

 

<スポンサードリンク>

世界にもお年玉ってあるの?

欧米では、新年よりもクリスマスに
重きを置いているため、年末年始の
行事については、日本ほど特別な
行事ではないようです。

 

クリスマスに家族みんなで過ごし、
子供たちにプレゼント(物)を贈る、
というのが一般的。

 

これが、実質「お年玉」となるようです。

※実質ナシって事ですね!

 

同じアジア圏のベトナムでは、
お正月にお金をあげる習慣があります。

 

年下、年上関係なく、日ごろ
お世話になった方々に贈るそうです。

 

夫婦同士でも
別々で包んで贈りあうそうです。

 

※ベトナムはアリって事ですね!

夫婦同士でもって素敵ですね( ˘ω˘ )♡

 

ブラジルでは、
相手の好きな物をあげなくては
いけないそうです。

 

クリスマスには妻側の家族、
新年には夫側の親戚の家に行く
というのが風習になっていてるそうです。

 

相手の好きな物をあげるには、
相手の欲しいものへのリサーチが大変そう…

 

と思ってしまいますよね(๑•﹏•๑*)

 

もらったものが気に入らないものであれば、
返品してもOKだそうなんですが…

 

返品OKだなんて言われたら
より考えてしまうような…(๑º―º๑)笑

 

※お年玉というよりは、
贈り物って感じなんですね!

 

香港にもお年玉を配る
習慣があるんですよ!

 

しかも、香港では日本のように
自分や親戚の子どもにだけ
配ればいいというものではなくて、

 

ポケットティッシュのごとく、
多くの人に配らなければいけないという、
変わった慣わしがあるのです!

 

※ポケットティッシュのごとく貰えるなんて…

夢のような話ですね…(๑º―º๑)

 

ユニークなお年玉袋シリーズ

年に一度のことなんで、
中身はもちろんのこと…

 

外身も喜ばれるお年玉袋を
送ってみてはどうでしょうか…?

 

子どもの好きなキャラクター袋
使って、顔の部分を切り抜いて
中身のお札の人物が見える袋♪

 

折り紙を使ったオシャレ袋

好きな柄の紙を選べるメリットと
折り方によってさまざまなデザインの袋が
出来ることが魅力です♪

 

立体型のドキドキ袋

立体型のかわいい紙製ケース
「静岡ぽち」

静岡名物をデザインしたお年玉袋です⑅◡̈*

 

 

日本一の富士山
漁獲量日本一の金目鯛
駿河湾の宝石
桜えび

の静岡名物をデザインしたものです♪

 

小さくて大切なもの贈り物に最適!

紙製なので色をぬったり、
メッセージを書くことができるので、
オリジナル感が♪

 

100円ショップのお年玉袋

今日では、
100円ショップにも多くの種類が
売られています(๑• ω •๑)

 

100円ショップのものをシールで
飾ったりすることでデザイン性が
アップされて素敵になりますよ♪

 

お年玉袋を渡す側も、貰う側も記憶に
残るお年玉袋を送ってみてください♪

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました☆

 

<スポンサードリンク>




サブコンテンツ

このページの先頭へ