サムネ背景

大野将平(おおのしょうへい)かわいそうとは?父や兄、停学はなぜ?

 

大野将平(おおのしょうへい)は何故かわいそうなのか?父や兄、停学になった理由などについてまとめました。

 

スポンサードリンク

大野将平がかわいそうと言われるのは何故?

大野将平選手は、リオオリンピック柔道男子日本代表で、73kg級で金メダルを目指して出場します。

 

そんな大野将平選手を検索すると、「かわいそう」というキーワードが一番最初に出てきます。

 

大野将平選手がなぜ「かわいそう」と検索されるのかが気になったので調べてみました。

 

2013年9月に天理大学の柔道部4年生の男子部員4人が、1年生部員複数に対して暴力を振るったという出来事がありました。

 

その時、4年生で柔道部の主将を務めていた大野将平選手は、現場にいながらもそれを止められずに「止められず、ふがいない。申し訳ない」と弁明していたそうです。

 

この出来事を受けて天理大学側は9月5日、部長と監督を解任し、大野将平選手も主将の任から解くことを発表。

 

そして、柔道部も無期限の活動停止処分になり、さらに全柔連は、当時世界チャンピオンだった大野将平選手が強化指定選手から外される可能性があることを示唆。

 

これはあくまでも想像ですが、直接手を下していない大野将平選手を強化指定選手から外すという処分に対して、心情的に「かわいそう」と検索されたのではないかと個人的には思っています。

 

大野将平選手の停学はなぜ?

ただ、後になって大野将平選手も1年生1人に対して、平手打ちを2回していたという事実が発覚したそうです。

 

そして、9月11日に天理大学は、大野将平選手を含む、4年生の部員5人を30日の停学処分にしたことを発表。

 

さらに、9月18日に全柔連が罰委員会を開き、大野将平選手を含む天理大学柔道部の4年生9人に、3カ月の登録停止処分を下したことを発表し、大野将平選手は全柔連の強化指定選手を外されました。

 

スポンサードリンク

大野将平選手の父や兄などの家族は?

大野将平選手は1992年2月3日に山口県山口市で生まれました。

 

家族は父親と母親、2歳上の兄・哲也さんの4人家族だそうです。

 

7歳の時に松美柔道スポーツ少年団で柔道をはじめ、山口市立良城小学校を卒業。

 

中学校に進学する時に、お兄さんの後を追って上京。弦巻中学に入学し、講道学舎へ所属。

 

高校は世田谷学園高校を経て、2014年に天理大学を卒業。その後旭化成の所属になりました。

 

まとめや感想

今回は、リオオリンピック柔道男子日本代表で、73kg級に出場する大野将平選手についてでした。

 

大野将平選手は、身長170cmで血液型はO型。得意技は大外刈りと内股だそうです。

 

2014年1月5日に強化指定選手に復帰することになった大野将平選手は、「人間としてどうあるべきか、改めて考えさせられる3か月だった」「ご迷惑をかけ、本当に申し訳ないと思っている」とコメント。

 

そして、「最強かつ最高の選手になれるように努力したい」と話していたそうです。

 

リオオリンピックの代表選手になるまでには、かなりの努力をしたと思うので、金メダルを目指して頑張って欲しいなと思います。

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ