サムネ背景

野村宏伸が涙!ピーク時の年収が凄い!なぜそこから転落し借金まで?

俳優の野村宏伸(のむらひろのぶ)さんが涙を流している、6月6日放送の「しくじり先生」の予告動画が話題になっているわね。

 

うん。予告を見ただけでも、なんか野村宏伸さんの凄そうな人生が伝わってくるよね。

 

今度の「しくじり先生」は、「家族の絆崩壊」3時間スペシャルらしいぞ。

 

40歳で無職とか、アルバイト生活とか、どん底の時に、バラエティ番組で田原俊彦さんと再会する企画の仕事が舞い込んできたらしくて、その事を思い出して野村宏伸さんは涙を流したみたいだね。

 

成功した時にこそ気を付けるべき教訓を教えてくれるらしいわ。なんか面白そうよね。野村さんの経歴を調べてみましょうよ。

 

スポンサードリンク

家族が離れ離れに

現在51歳の野村 宏伸(のむら ひろのぶ)さんが生まれたのは、1965年5月30日、東京だったみたい。

 

野村さんのお父さんは化学工場の2代目社長で、お母さんと年子の妹と4人で、裕福な暮らしだったらしいわ。

 

でも、都立高校1年生の時に、生活が一変する出来事が起きたんだね。

 

そう。父親の化学工場が倒産してしまい、家族が離れ離れになり、いとこの家や親戚の家などを、数か月単位で転々として暮らしていたそうだ。

 

凄いね。住むところも一気になくなちゃうんだ。

 

その後、お父さんはタクシーの運転手になって、もう一度家族一緒に暮らし始めたんだけど、両親は離婚してしまったそうよ。

 

賞金欲しさにオーディションへ

1984年に妹が雑誌で、映画『メイン・テーマ』のオーディションがある事を知り、妹の推薦で応募したみたい。

 

野村さんは、俳優になりたかった訳ではなくて、優勝すると賞金500万円もらえるという条件につられて出場したらしいわ。

 

ところが、野村さんは23000人の中からグランプリに選ばれて、見事俳優デビューしたみたい。

 

日本アカデミー賞

野村さんは映画『メイン・テーマ』で、日本アカデミー賞新人賞を受賞して、一浪していた大学受験に全部落ちちゃったから、役者一本でいく事を決心したみたい。

 

そして、1986年に「キャバレー」で主演し、所属事務所を移籍してすぐの1987年に フジテレビの『ラジオびんびん物語』でドラマ初主演を果たした。

 

教師びんびん物語の前に、ラジオびんびん物語っていのがあったんだ。知らなかったわ。

 

アイドル路線

野村さんは、デビューしてからは、俳優よりもアイドル路線で芸能活動をしていたみたい。

 

そうなたのはやっぱり、「教師びんびん物語」でアイドル系の俳優としてブレイクした事や、歌手活動も行っていたかららしいわ。

 

スポンサードリンク

ピーク時の年収

1993年頃、28歳だった野村さんの年収は、1億円を突破していて、世田谷区に敷地110坪、建物80坪の豪邸を2億4千万円で建築した。

 

凄い!年収が1億円を超えた時期があったんだね。

 

借金生活

野村さんはその後、友達とかに合計で約8000万もの大金を貸してしまい、全く戻ってこなかったらしいよ。

 

仕事も一気に減ってしまい、自分が借金を抱える事になって、友達が経営している自動車会社を手伝ったりしながら、生活していたみたいだ。

 

そして、借金を返すために豪邸を売却して、1億円以上あった借金を2000万まで減らして、それから借金はゼロになったそうよ。

 

8000万円も貸すなんて、野村さんは人がいいんだね。

 

金銭感覚もおかしくなっていたんだろうな。

 

離婚・結婚

野村さんは2009年7月に離婚届を提出して、2010年5月まで元の奥さんと一緒に住んでいたけど、6月からは一人で暮らし始めたみたいだよ。

 

子供は2人いたみたいだけど、親権は元奥さんが持って、2013年2月からはお母さんと同居をはじめたらしいわ。

 

それから、2015年6月に15歳年下の女性と結婚を前提に交際をスタートして、一緒に暮らしている事がニュースになったね。

 

ニュースになった時には、もう再婚していて、野村さんの50歳の誕生日、5月3日に婚姻届けを提出したらしい。

 

2015年7月4日に結婚報告会見を開いて、奥さんの省子さんとのツーショット写真を披露していたけど、本当に綺麗な人だったわよ。

 

【関連記事】奥さんの名前や写真、馴れ初めや仕事などはこちらの記事になります。

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ