サムネ背景

錦織圭(にしこりけい)が銅メダル!96年ぶりのメダル!【速報】

 

錦織圭(にしこりけい)が日本勢96年ぶりのメダルとなる、銅メダルを獲得しました!

 

スポンサードリンク

錦織圭が96年ぶりのメダル獲得!

日本時間の2016年8月15日に行われた、リオデジャネイロオリンピックのテニス男子シングルスの3位決定戦で、日本代表の錦織圭選手が96年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得!!

 

第4シード・錦織圭選手の対戦相手は、第3シードでスペイン代表のR・ナダル選手。

 

2人の対戦は、今回が11回目で錦織圭選手が1勝9敗と分が悪い相手でしたが、オリンピックの大切な一戦で見事に勝利しました!

 

96年前にメダルを獲得したのは熊谷一弥さんで、1920年のアントワープ大会での銀メダルでした。

 

第1セット

第セットはナダルのサービスゲームでスタート。

 

第1ゲーム・錦織0-1ナダル

第2ゲーム・錦織1-1ナダル

第3ゲーム・錦織1-2ナダル

第4ゲーム・錦織2-2ナダル

第5ゲーム・錦織3-2ナダル

第6ゲーム・錦織4-2ナダル

第7ゲーム・錦織5-2ナダル

第8ゲーム・錦織6-2ナダル

 

錦織圭選手が第1セットを先取!

 

第2セット

第2セットもナダル選手のサービスゲームでスタート。

 

第1ゲーム・錦織0-1ナダル

第2ゲーム・錦織1-1ナダル

第3ゲーム・錦織2-1ナダル

第4ゲーム・錦織3-1ナダル

第5ゲーム・錦織3-2ナダル

第6ゲーム・錦織4-2ナダル

第7ゲーム・錦織5-2ナダル

第8ゲーム・錦織5-3ナダル

第9ゲーム・錦織5-4ナダル

第10ゲーム・錦織5-5ナダル

第11ゲーム・錦織5-6ナダル

第12ゲーム・錦織6-6ナダル

第13ゲーム・錦織6(1)-7(7)ナダル

 

第2セットはナダル選手の粘りで落としてしまいます・・・。

 

第3セット

第3セットは錦織圭選手のサービスゲームでスタート。

 

第1ゲーム・錦織1-0ナダル

第2ゲーム・錦織1-1ナダル

第3ゲーム・錦織2-1ナダル

第4ゲーム・錦織3-1ナダル

第5ゲーム・錦織4-1ナダル

第6ゲーム・錦織4-2ナダル

第7ゲーム・錦織5-2ナダル

第8ゲーム・錦織5-3ナダル

第9ゲーム・錦織6-3ナダル

 

手に汗握る激闘の末、錦織圭選手が96年ぶりのメダルとなる、銅メダルを獲得しました!

 

スポンサードリンク

まとめ

1セット目は、第4ゲームからの5セット連続ポイントで一気に奪取し、順調なスタートを切りました。

 

2セット目も、第7ゲームを終わって5-2とこのまま一気に銅メダルと思いましたが、ナダル選手の驚異的な粘りにより、タイブレイクの末、6-7で落としてしまいます。

 

3セット目が始まる前の休憩で、錦織圭選手がなかなか現れなかったので、少し心配しました。

 

そして、いよいよ運命の3セット目が始まり、第1ゲームをキープし2セット目の嫌な流れを断ち切ったのが大きかったです。

 

第4ゲームをブレイクして3-1になり、そこからは順当にキープを重ね、本当にタフな試合を最後まで集中力を切らさず、素晴らしい勝利をおさめてくれました。

 

錦織圭選手、銅メダル本当におめでとうございます!感動をありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ