サムネ背景

錦織圭選手が大金星!アンディ・マリー選手を撃破し全米オープン2016の準決勝へ!

 

テニスの錦織圭(にしこりけい)選手が、全米オープン2016の準決勝で、世界ランキング2位のアンディ・マリー(Andy Murray)選手を撃破するという大金星!!

 

錦織圭選手は、2年振りにベスト4に進出!

 

準決勝の相手が気になりますが、世界ランキング3位のスタン・バブリンカ選手と、リオ五輪の銀メダリストで世界ランキング142位のフアンマルティン・デルポトロ選手の勝者と対戦します。

 

スポンサードリンク

錦織圭が大金星

世界ランキング7位の錦織圭選手が、世界ランキング2位でイギリスのアンディ・マリー選手を撃破するという大金星を果たしたのは、2016年9月7日(日本時間8日)に行われた、全米オープン男子シングルス準決勝。

 

セットカウントは、1-6・6-4・4-6・6-1・7-5で、3-2のフルセットでした。

 

錦織圭選手とアンディ・マリー選手の過去の対戦成績は、1勝7敗とかなり分が悪い対戦相手。

 

リオオリンピックの準決勝でも対戦していて、その時はセットカウント0-2でストレート負けしています。

 

アンディ・マリー選手はそのまま決勝でも勝利し、リオ五輪の金メダルを獲得。

 

錦織圭選手はリオオリンピックの銅メダルで、全米オープン2016は勢いに乗って戦っていると思いますが、マリー選手も金メダリストで勢いに乗っているはずなので、本当に大金星ですね!!

 

錦織圭vsアンディ・マリー

錦織圭選手がアンディ・マリー選手に今まで1勝しかしていませんが、それは2014年のツアーファイナルでの勝利でした。

 

全米オープン2016の準々決勝で、フルセットの3時間57分というマリー選手との激闘を制した錦織選手は、対戦成績が2勝7敗になり、対マリー選手の連敗も4で止まりました。

 

錦織圭vsアンディ・マリーの試合は、第1セットの第3ゲームから5ゲーム連続でマリー選手に奪われ、第1セットを1-6で落としました。

 

第2セットは、5-4からの第10ゲームでブレークし6-4で奪い返します。

 

第3セットは、4-4の第9ゲームでブレークを許し、そのまま4-6で押し切られてしまいました。

 

第4セットは、第4ゲームと第6ゲームをブレークし、6-1で大差で奪い返し、セットカウントが2-2に。

 

そして最終の第5セット、第1ゲームを錦織選手がブレークし、第2ゲームをキープ。ゲームカウント2-0と順調なスタート。

 

しかし、第4ゲームでマリー選手にブレークを許し2-2のタイに。

 

再び第5ゲームで錦織選手がブレークすると、第8ゲームでマリー選手がブレークし返し、4-4のタイに。

 

第9・第10ゲームをお互いにキープし、ゲームカウントは5-5。

 

そして、錦織圭選手は第11ゲームをブレークし、第12ゲームは40-15から、マリー選手のラリーの返球がネットにかかり、錦織選手がキープ。

 

フルセットの末、錦織圭選手がアンディ・マリー選手を撃破し、ベスト4に進出しました!

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ