ニールホランの職業や家族、年齢や兄弟などのwikiプロフィール

 

ニールホランの職業や家族、年齢や兄弟などのwikiプロフィールをまとめました。

 

スポンサードリンク

ニール・ホランのプロフィール

ニール・ホラン(Cornelius “Neil” Horan)の生年月日は1947年4月22日で、現在の年齢は69歳。

 

アイルランド出身で、職業はカトリック教会の元聖職者。

 

家族は兄弟が13人いて、その2番目として生まれています。

 

ニールホランは、St Peter’s Collegeを経て1973年に聖職者になり、南ロンドン在住。

 

F1のイギリスグランプリに乱入

ニールホランは2003年7月20日、シルバーストーン・サーキットで行われていた「2003年イギリスグランプリ」の決勝レース中に乱入するという事件を起こしています。

 

その時のニールホランの服装は、茶色のキルトに緑色のウェストコート、ベレー帽で「聖書を読みなさい。聖書は常に正しい」と書いてあるプラカードを掲げていたそうです。

 

そして、たくさんのF1マシンが走っているレース中にコースに侵入し逮捕され、禁固2か月の有罪判決を受けました。

 

スポンサードリンク

バンデルレイ・デ・リマ選手を妨害

さらにニールホランはその1年後、2004年8月29日のアテネオリンピックで、また乱入騒ぎを起こします。

 

アテネオリンピック男子マラソンの36km地点で、ニールホランは沿道からコースに乱入し、トップを走っていたブラジル代表のバンデルレイ・デ・リマさんに抱きつき、歩道に押し出してストップさせるという、とんでもない事をしでかしました。

バンデルレイ・デ・リマのプロフィール

 

バンデルレイ・デ・リマさんは、それが原因で順位を落とし、銅メダルに終わってしまいました。

 

ニールホランは取り調べに対して「キリストの再臨に備えて(リマを)捕まえた」など、意味が分からない供述をしていそうです。

 

ニールホランは翌日の8月30日、ギリシャの裁判所で執行猶予付きの禁固1年と、3000ユーロの罰金という判決を受けています。

 

そして2005年1月20日、カトリック教会はニールホランを聖職停止処分にしていますが、ちょっと遅いような気がします。

 

ニールホランは他にも、競馬のダービー、テニスのウィンブルドン選手権、クリケット、ラグビーの試合でも乱入騒ぎを起こしていたという過去があったようです。

 

スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ