ナトム工法とは何?トンネルをどうやって掘るの?ナトム工法用シート

ナトム工法とは何かが注目されています。

 

ナトム工法とは、トンネルを掘る工法のようですが、博多駅前で陥没した道路の周辺では、ナトム工法が採用されていたそうです。

 

スポンサードリンク

ナトム工法が採用されていた

2016年11月8日の午前5時15分頃、福岡市博多区博多駅前2の市道「はかた駅通り」で、道路の陥没事故が起こりました。

 

福岡市などの報告によると、陥没は2か所で発生し、その後それぞれが拡大。

 

およそ2時間後にそれがつながって一つの穴になったそうです。

 

陥没した現場周辺では、「ナトム工法」という掘削機で横穴を掘りながら、コンクリートを吹き付けてトンネルを掘る工法が採用されていたみたいです。

 

ナトム工法の工事は24時間体制で進められていて、掘削部分の上から水漏れが起こり、何かの原因で岩盤に亀裂が入って、その上部にある地下水の層を掘ってしまった可能性があるそうです。

 

博多駅前の陥没事故の画像を見ましたが、大きさが幅約27メートル、長さ約30メートル、深さ約15メートルというだけあって、かなり大変なことになっていますね・・・。

 

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ