サムネ背景

成田さやかが謝罪したのはなぜ?「はくばく恥ずかしい」と発言し炎上!

 

成田さやかさんの謝罪が話題になっています。成田(なりた)さやかさんは、「はくばく恥ずかしい(笑)」とTwitter(ツイッター)で発言し炎上したそうですが、なぜなのかを調べてみました。

 

スポンサードリンク

成田さやかが謝罪したのはなぜ?

成田さやかさんはフリーアナウンサーで、サッカーJ1のヴァンフォーレ甲府のマスコットガール「ヴァンフォーレクイーン」の6期生と7期生を務めていた26歳の女性です。

 

そんな成田さやかさんが、2016年8月6日に自身のツイッターで「新宿駅にヴァンフォーレユにの人達がwwはくばく恥ずかしい。(笑)」とツイート。

 

成田さやかさんのこの発言に対し、ヴァンフォーレ甲府のサポーターらが腹を立て、Twitterが炎上したそうです。

 

はくばく恥ずかしって何?

成田さやかさんが謝罪する原因となった発言、「はくばく恥ずかしい」の意味が分からなかったので調べてみました。

 

「はくばく」というのは、「株式会社はくばく」のことで、この会社はヴァンフォーレ甲府のスポンサーをしているそうです。

 

なので、ヴァンフォーレ甲府のユニフォームの胸の部分に「はくばく」という文字が入っています。

 

成田さやかさんのTwitterでの発言を文面だけでとらえると、「新宿駅でヴァンフォーレ甲府のユニフォームを着ている人達がいて、恥ずかしい」という風にとらえる事ができます。

 

スポンサードリンク

ツイッターに謝罪コメント

成田さやかさんは、このツイートを削除して、代わりに手書きの謝罪コメントをツイッターに載せています。

 

皆様、今回は私の発言により不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ありません。謝罪掲載文を考えている間鍵付きにさせていただきました。

今回誤解を招いてしまった発言は、私としては慣れ親しんだユニフォームが東京に溢れている光景を目にし懐かしく思ったと同時に、自分が山梨にいた4~5年前を思い出し照れくさいと感じたという意味で書きましたが、言葉が足りず深く、深く反省しています。

自分のボキャブラリーの乏しさ、またメディアに出る身として自覚が足りなかった事を反省しています。

今回の件で、沢山のご指摘、またはくばく様に対する愛を沢山伝えて下さった皆様の言葉を真摯に受け止め今後は皆様に応援していただけるようなアナウンサーになれるように精進して参ります

(出典:https://twitter.com/sayaka_narita/)

 

成田さやかさんのプロフィール

成田 さやか(なりた さやか)さんの生年月日は、1990年7月30日で現在の年齢は26歳。

 

山梨県出身で、本名は成田沙耶加。

 

血液型はA型で、リポーターやモデルとしても活躍しています。

 

成田さんが通っていた高校は山梨県立塩山高等学校で、野球部のマネージャー。

 

大学は帝京平成大学の現代ライフ学部で、大学時代にモデルやJリーグ・ヴァンフォーレ甲府のマスコットガール「ヴァンフォーレクイーン」の6期生と7期生を務めていたそうです。

 

成田さやかさんはスポーツ観戦が趣味で、年間60試合も野球を観戦し、野球知識検定5級を所持。

 

料理も趣味で、ジュニアアスリートフードマイスターという健康食作りを主とした資格も持っているそうです。

 

成田さやかさんは、日本女子プロ野球機構の公認サポーターで、越後湯沢温泉観光大使の「第53代ミス駒子」にも選ばれています。

 

2016年2月12日から苗場スキー場で開催された「FISアルペンスキー・ワールドカップ2016 湯沢苗場大会」の記者発表会に、ミス駒子として参加したそうです。

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ