サムネ背景

水谷隼(じゅん)の妻(奥さん)は?経歴やコーチなどのwiki!

 

水谷隼(じゅん)の妻(奥さん)や、経歴やコーチなどのwikiプロフィールをまとめました。

 

スポンサードリンク

水谷隼のwikiプロフィール

水谷隼(みずたにじゅん)さんの生年月日は1989年6月9日で、現在の年齢は27歳。

 

静岡県磐田市出身の卓球選手で、2006年の「日本スポーツ大賞」優秀選手。

 

北京、ロンドン、リオデジャネイロと3大会で卓球の日本代表に選出されています。

 

水谷隼さんの身長は172cm、体重は66kg、利き腕は左のサウスポーで、グリップはシェークハンド。

 

水谷隼の妻(奥さん)は?

水谷隼選手は結婚しているそうで、妻(奥さん)についても調べてみました。

 

水谷隼選手の奥さんは3歳年下の一般女性で、高校生の時から付き合っていたようです。

 

そして、2013年11月22日に2人は入籍。11月22日といえば「いい夫婦」の日ですね。

 

水谷隼選手と奥さんは、2014年2月1日に結婚式を挙げていますが、水谷隼選手と似ていると言われている、波田陽区さんがお祝いのメッセージを送ったそうです。

 

水谷隼選手と奥さんの間には、茉莉花(まりか)ちゃんという女の子の子供が1人います。

 

水谷隼選手のコーチは?

水谷隼選手は2010年10月1日に、邱建新(キュウ・ケンシン/Qiu Jian Xin)コーチと3年間のプライベートコーチ契約を結んでいます。

 

水谷隼選手は2013年10月7日のブログで「Qiuコーチとは青森山田のときから10年近い付き合いがあり過去にも指導していただいたことがあります。」と綴っています。

 

Qiuコーチの生年月日は1965年12月26日で、現在の年齢は50歳。中国出身の男性で、身長は173cmで体重は77kg。

 

南京体育大学を卒業し、現在は「テナジー」や「水谷隼・ZLC」で名の知れているバタフライの会社「株式会社タマス」に所属しています。

 

2013年10月1日から3年間の契約という事は、2016年9月30日までなので、リオオリンピックのために邱建新さんとプライベートコーチ契約を結んだのでしょうか。

 

だとしたら、日本時間で2016年8月12日に行われた、リオデジャネイロ五輪卓球男子シングルスで、日本卓球界で初めての個人メダルとなる銅メダルを獲得したので、よかったですね。

 

スポンサードリンク

水谷隼選手の経歴

水谷隼選手の両親は卓球経験者で、5歳の時に父親が代表を務めている豊田町卓球スポーツ少年団で卓球を始めたそうです。

 

右利きだった水谷隼選手を、両親が将来を見据えて左に矯正し、小学生の時から数々の大会で優勝を重ねました。

 

そして中学校に入学しますが、卓球面での環境を考えた結果、同じ卓球選手の福原愛さんの出身校でもある、青森山田中学校に転校し寮に入ります。

 

そのまま青森山田高校に進学し、2005年に15歳10か月で世界選手権代表に選ばれ、当時では日本男子史上最年少記録でした。

 

2007年に高校を卒業し、名門卓球部がある明治大学の政治経済学部に入学。

 

2008年に北京オリンピックに出場し、団体で5位に入賞。

 

2012年に明治大学を卒業し、「株式会社スヴェンソン」と所属契約を結びました。

 

2012年7月4日付の世界ランキングで自己最高の5位になり、その年に行われたロンドンオリンピックでは、男子シングルスで第3シードとして出場するも、初戦の3回戦を突破するだけに終わりました。

 

そして、2016年8月12日に行われた、リオデジャネイロ五輪で、個人競技としては男女を通じて初めての銅メダルを獲得しました。

 

まとめ

今回は、リオデジャネイロ五輪で見事に銅メダルを獲得した水谷隼選手についてでした。

 

リオオリンピックの3位決定戦を最初から最後までみましたが、水谷隼選手の気合が凄かったです。

 

自分が左利きなので、基本的にサウスポーの選手は好きなのですが、水谷隼選手が右利きから変更したというのは知らなかったので驚きました。

 

この勢いで、団体でもメダルを獲得して欲しいです!

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ