【訃報】写真家の宮本敬文(けいぶん)さんが脳出血で死去

 

写真家の宮本敬文(みやもとけいぶん)さんが脳出血で亡くなられました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

スポンサードリンク

宮本敬文さんの死因は脳出血

写真家の宮本敬文さんが亡くなられたのは2016年8月6日で、死因は脳出血。50歳という若さでした。

 

葬儀や告別式は関係者で行い、喪主は妻の宮本弘子さんが務めるそうです。

 

スポンサードリンク

宮本敬文さんのプロフィール

宮本 敬文(みやもと けいぶん)さんは1966年生まれで埼玉県浦和市出身。

 

日本大学芸術学部を経て、New York School of Visual Arts大学院を卒業。

 

そして、ニューヨークで活動を開始した後、2002年に日本に帰国し、写真家・映画監督・小説家として活躍していました。

 

2012年11月、劇場映画初監督作品「The Moment -写真家の欲望-」を発表。

 

元サッカー選手の中田英寿さんや、ジャニーズのアイドルグループ「SMAP」の写真集を手がけ、中田英寿さんとは親交が深かったそうです。

 

スポンサードリンク

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ