サムネ背景

舛添要一の辞職決定!舛添知事のコメントは?歴代2番目の短さ!

 

舛添要一さんの辞職決定!というニュースが話題です。

 

舛添知事の辞職の理由やコメントはどんな感じだったのでしょうか。

 

舛添要一さんの東京都知事の在任期間は862日で、前の知事・猪瀬直樹さんの372日に次いで2番目の短さでした。

 

猪瀬直樹さんって、そんなに短かったんですね(^-^;ギリギリ1年・・・

 

スポンサードリンク

舛添要一の辞職決定!コメントは?

舛添要一都知事の辞職が決定したのは、2016年6月15日で、政治資金の支出などを巡る公私混同問題の責任を取って、6月21日付で辞職願を提出して、都議会は本会議で全会一致で同意しました。

 

舛添要一さんは、辞職願を本会議で提出した理由についてこう説明しました。

 

私自身の問題で、これ以上都政の停滞を長引かせるわけにはいかない

(出典:毎日新聞)

 

舛添さん、ちょっと粘り過ぎです!もうちょっと早く辞任して欲しかった!

 

舛添要一さんは、本会議の最後でも発言の機会が与えられて、どうして、これだけ国民に厳しい目を向けられながら、東京都知事を辞任しなかったかについての理由を話しました。

 

東京を世界一の都市にするため全力を尽くしてきた。私自身の問題によって任期の途中でこのような形となり不徳の致すところ。

東京五輪・パラリンピック大会への影響を最も懸念した。

都政の停滞を長引かせることは耐え難い。身を引くことが一番だとの考えに至った。

一都民、一国民として東京五輪・パラリンピックの成功を心から願う。

(出典:毎日新聞)

 

東京を世界一の都市にしたい!という気持ちに嘘はなかったんでしょうが、あまりにもやっている事がお粗末すぎました・・・。

 

純粋に東京都を良くしようと思っていたとは考えにくい。と言われても仕方がない行動だったと思います。

 

スポンサードリンク

ネットの反応

舛添要一都知事が辞任する事に対して、ネットの反応はこのような感じでした。

 

「やっとか…」

「往生際が悪すぎた。」

「良かった。あとは、警察にまかせたい。」

「一般庶民の感覚と政治資金規正法がズレているのが一番の問題。それを悪用するような人は出てくる。法改正を求める。」

「どうせ辞めるなら、もっとスマートに辞めれば、再起の道もあっただろうに。」

「舛添がいう第三者の厳しい目とは何だったのか?」

「判断が遅すぎる」

「今年一番の朗報。」

「おめでとうございます。正義は必ず勝つのだよ。」

(出典:http://headlines.yahoo.co.jp/cm/)

 

舛添さんは完全に引き際を間違えちゃったね(^-^;

 

コメントにもあるように、辞任に追い込まれることは最初から予想はついたから、もっと潔く辞めていれば印象が全然違ったよな。

 

もう次の都知事が誰になるか、いろいろと候補者の名前が上がっているね。

 

舛添要一さんが、昔プロポーズをした事があるっていう、蓮舫さんの名前もあったわね(笑)

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ