サムネ背景

ランダウンプレーの不可解判定を動画で解説!審判の誤審で明徳に1点!

 

ランダウンプレーでの不可解判定が話題になっています。とても分かりやすく解説してくれている動画があったのでご紹介します。この審判の誤審により、明徳義塾に1点が入りました。

 

スポンサードリンク

ランダウンプレーでの不可解判定

ランダウンプレーでの不可解判定があったのは、2016年8月13日に行われた、夏の甲子園大会2回戦、明徳義塾vs境の試合。

 

明徳義塾は8回、ワンアウト2,3塁の場面でバッターがショートゴロを打ちます。

 

そして、3塁ランナーが飛び出してしまい、三塁とホームの間で挟まれてしまいます。

 

その後、飛び出した3塁ランナーは三塁ベースに戻りますが、その時2塁ランナーも三塁ベースに到達していて、2人一緒にベースを踏んでいる状態に。

 

野球のルールでは、2人が同時にベースを踏んだ場合、前のランナーに優先権があります。

 

なので、2人がベースを踏んでいる状態で、守備側が両方にタッチすれば、今回のケースでは2塁ランナーだけがアウトになります。

 

それを明徳義塾の3塁ランナーだった選手が勘違いをして、自分がアウトになったと思い、ベンチに帰ろうとしますが、途中でプレーが続行されている事に気付き、走ってホームベースを踏み1点が入りました。

 

でも、3塁ランナーが三塁ベースから離れた時に、境の選手がタッチしているので、その時点で本当なら3塁ランナーはアウトなのですが、それを審判が見逃してしまっています。

 

空タッチだった可能性が全くないわけではありませんが、境の内野手がかなりアピールしていたので、おそらくタッチはされていたのではないかと思います。

 

そして、最後のビデオを見てもらえば分かりますが、タッチしたところを三塁の塁審は見ていなかったと思います。

 

スポンサードリンク

まとめと解説動画

明徳義塾が6-2でリードしていた場面だったのですが、4点差と5点差では大きな違いがあります。4点差なら満塁ホームランで同点です。

 

そして、ピンチをしのいだ後には、チャンスが来る可能性が高いのが野球です。

 

明徳義塾がダブルプレーでチャンスを潰す形で、6-2のまま境が9回の攻撃を迎えていれば、試合の展開は変わっていたかもしれません。

 

境の坂口健一監督は「帰ってからビデオで確認したい。うちの選手もランダウンプレーの練習は積んでおり、塁上では2人にタッチして2つアウトを取りに行くようにしている。練習通りプレーしているとは思ったが」とコメントしていたそうです。

 

審判も熱い中大変だし、プロの審判とは違うので責めるつもりは全くありませんが、野球に誤審はつきものだと思うので、高校野球でもビデオ判定を取り入れてもいいのではかとは思います。

 

今回は、ランダウンプレーでの不可解判定についてでしたが、なかなかうまく説明できなかったので、最後に詳しく解説してくれている動画をご覧ください。

 

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ