サムネ背景

近藤亜美(こんどうあみ)兄や父、得意技は?経歴、中学、身長のwiki!

 

女子柔道・近藤亜美(こんどうあみ)選手の兄や父、得意技。経歴や中学、身長などのwikiプロフィールをまとめました。

 

近藤亜美のプロフィール

近藤 亜美(こんどうあみ)選手の生年月日は1995年5月9日で、現在の年齢は21歳。

 

愛知県名古屋市出身の女子柔道選手で、身長は156cmで体重は48kg。血液型はB型。

 

近藤亜美選手はの得意技は払い腰で組手は右組み。三井住友海上に所属しています。

 

そしてリオオリンピックの女子柔道日本代表として、48kg級に出場します。

 

スポンサードリンク

近藤亜美選手の経歴

近藤亜美選手は母親の「新体操をやって欲しい」という願いから、生まれてすぐに機械体操を習い始めました。

 

しかし、柔道をやっていた兄の影響で5歳の時に地元の六郷道場で柔道を始め、2か月後に出場した初めての大会で準優勝。

 

近藤亜美選手の父親は、学生相撲をやっていた元力士で、小さい頃から体重100kgの父親とよくじゃれあっていたそうです。

 

負けず嫌いな一面もあり、準優勝という好結果にも関わらず、トイレに閉じこもって表彰式に出ることを嫌がったというエピソードもあります。

 

小学校2年生の頃からいろいろな柔道の大会で優勝するようになり、小学生時代に獲得した金メダルは100個以上あったそうです。

 

近藤亜美選手は2008年に大成中学へ進み、中学3年生の8月に「全国中学校柔道大会」の48kg級で優勝。

 

高校は2011年に大成高校へ進学し、入学してすぐの4月には「全日本カデ」で、全試合寝技で一本勝ちして優勝を飾りました。

 

そして5月の「ドイツカデ国際大会」、8月の「世界カデ」でも優勝。

 

高校2年生の2013年1月、「ベルギー国際柔道大会」のジュニアの部で優勝。さらに、シニアの部でも優勝。

 

高校3年生の8月に行われたインターハイで優勝。そして日本の国際柔道大会「グランドスラム・東京」で、世界チャンピオンだったモンゴルのムンフバット・ウランツェツェグ選手を決勝で破って優勝し、一躍脚光を集めました。

 

近藤亜美選手は高校時代、至学館大学のレスリング部へ行き、吉田沙保里選手と練習をした事もあるそうです。

 

スポンサードリンク

三井住友海上に所属

近藤亜美選手は高校を卒業後、2014年4月から三井住友海上に所属。

 

8月に行われた「世界選手権」では、決勝戦でアルゼンチンのパウラ・パレト選手に勝利し、見事19歳で優勝を飾りました。

 

2015年12月に開催された「グランドスラム・東京」の決勝で、大外刈と袈裟固の合技で逆転の一本勝ちを収め、大会3連覇。

 

2016年4月の体重別では、決勝戦で綜合警備保障の遠藤宏美選手を破り、2年ぶり2度目の優勝。

 

この大会でリオデジャネイロオリンピックへの出場が決定しました。

 

近藤亜美選手の2016年8月1日現在のIJF世界ランキングは、2263ポイントを獲得して2位です。

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ