小泉道子さん死去 お別れの会で弟・純一郎氏、考太郎・進次郎が涙

 

元首相の小泉純一郎氏(74歳)のお姉さん、小泉道子さんが2016年8月20日に84歳で死去されました。

 

8月28日に神奈川県横須賀市で、小泉道子さんのお別れの会が営まれ、喪主を務めた弟の小泉純一郎さんが挨拶し、姉・道子さんへの感謝の言葉を涙で語ったそうです。

 

スポンサードリンク

小泉純一郎さんには、俳優で長男の小泉孝太郎さん(38歳)と自民党農林部会長で次男の小泉進次郎さんという2人の息子さんがいます。

 

孝太郎さんが4歳、進次郎さんが1歳の時に離婚されたようで、それからは姉の道子さんが2人の母親代わりだったそうです。

 

まだ幼かった2人に、道子さんのことを「ママ」と呼ばせ、本当の母親ではないということを伝えたのは、孝太郎さんが高校2年生で進次郎さんが中学2年生の時。

 

その事を聞いた時兄弟は、長男・孝太郎さん「知っていた。進次郎には言わなかった」、次男・進次郎さん「うそ」と答えたそうです。

 

小泉純一郎さんは、「孝太郎は言っていいこと、いけないことが分かる良い子に育ってくれたし、進次郎は『本当の母親だと思っている』と言ってくれた」と、涙を流しながら話していたようです。

 

今2世が話題になっていますが、小泉孝太郎・進次郎さん兄弟は、元総理大臣という偉大な父親の元、全く違う道でそれぞれに成功しているので凄いなと思っていました。

 

そこには、母親代わりだった小泉道子さんの存在があったんだという事を初めて知りました。

 

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ