サムネ背景

古賀ひよりの中学は?柔道で敬愛する父や兄超えを目標に高校を選択!

 

古賀ひよりは中学を卒業して、柔道で敬愛する父親や兄達を追い越すために、地元を離れた高校を選んだのだ。

 

古賀ひよりさんは、父親がバルセロナオリンピック71kg級金メダリストの古賀稔彦さん、お兄さんが古賀颯人さんと古賀玄暉さんという有名な柔道選手で、これからを期待されている柔道選手ね。

 

スポンサードリンク

古賀ひよりのwikiプロフィール

古賀ひより(こがひより)さんは、2000年9月12日生まれの15歳で、出身は神奈川県だよ。

 

 

柔道一家で育つ

神奈川県川崎市立東橘中学校をこの春卒業し、よりレベルの高い環境と岡山県の環太平洋大学で柔道の総監督を務めている敬愛する父親、古賀稔彦さんの指導を求めて、地元を離れて岡山県岡山市北区にある創志学園高への進学を決意したのだ。

 

古賀ひよりさんは、お父さんが経営している神奈川県川崎市にある「古賀塾」で、小さいころからお兄さん2人と通って練習をしていて、小学生の時には全国大会にも出場したそうよ。 

 

東橘中学校3年生だった去年の夏には、全国中学校大会52キロ級で準優勝しているよ。

 

スポンサードリンク

 

より高いレベルの環境を求めて

古賀ひより選手が地元を離れてまで創志学園高校を選んだのは、 お父さんの古賀稔彦さんが監督をしていて、大学女子で5回も団体優勝している、環太平洋大学と一緒に練習ができる環境にあるかららしい。

 

まだこれからの選手みたいだけど、「いつか父の実績を抜いて、自分の名前を知ってもらえるよう頑張りたい」と言っているみたいだから、これからが本当に楽しみね。

 

オリンピック金メダリストの娘というプレッシャーはあると思うけど、古賀ひより選手も金メダルを目指してこれから頑張って欲しいのだ。

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ