サムネ背景

小林麻耶は妹思いの姉!乳がん検診を呼びかけるブログ記事が話題に!

こんばんは、いつもブログをご覧頂き本当にありがとうございます。

 

今回は、小林麻耶さんのブログ記事に対して、「妹思いだな」「胸が苦しくなる」といったコメントがされている件について書いていこうと思います。

 

スポンサードリンク

小林麻耶さんと乳がん検診

小林麻耶さんのブログで注目されている記事は、2015年9月23日に更新されたものです。

 

こんばんは

今、北斗晶さんのこと
知りました。

北斗晶さんには
個人的に気持ちを
お伝えさせて頂きます。

皆さんは、
乳がん検診受けていますか?

今、日本では
女性の12人に1人が
乳がんになっています。

私自身は
2009年に公開された映画
『余命1カ月の花嫁』で
主演された榮倉奈々さんに
インタビューしたことをきっかけに、
乳がん、子宮がん検診に
行くようになりました。

マンモグラフィーは
相当痛いと聞いていたし、
怖いし、恥ずかしいと…
検診を受けることを
躊躇していましたが、
『病気になったら
もっと痛いし、怖いよ』と言われ、
検診を受ける勇気を
持つことができました。

女性の皆さん、
自分を守るため、
検診に行きましょう。

男性の皆さん、
大切な女性を守るため
『検診に行ってね』と
ぜひ伝えてください。

小林麻耶

(出典:小林麻耶オフィシャルブログ「まや★日記」)

 

今日6月9日に海老蔵さんが開いた記者会見で、小林麻耶さんの妹・小林麻央さんが、1年8か月前から乳がんと闘っている事が分かりました。

 

という事は、小林麻耶さんがこの記事を書いた時、妹の麻央さんが乳がんだという事は知っていたと思います。

 

そんな中で、北斗晶さんの乳がんを知り、乳がんや子宮がん検診の受診を呼びかける記事を書いている事に対して、ファンの人達から「妹思いだ」「胸が苦しい」といった声が寄せられているそうです。

 

小林麻央さんは、恋愛の事から仕事の悩みまで、お姉さんの麻耶さんになんでも相談してきて、とても尊敬しているみたいです。

 

スポンサードリンク

ブログに込めた思い

麻耶さんはこの記事をどんな思いで書いたのでしょうか。麻耶さんは、2009年5月に初めて乳がん検診を受けた事をブログで報告しています。

 

今回、初めて・・・『乳がん検診』を受けました。

マンモグラフィー、エコー、触診すべてやりました。

2年前、ドキュメンタリー番組を見て、

検診受けなくてはいけないと思っていたのですが、

昨年の赤坂サカスのオープニングイベントで、

検診の車を取材し、

実際に、検診の機械見たら、怖くなってしまい、、、

恥ずかしいし、痛いのは嫌だし、と・・・

こんなに月日が経ってしまいました。

2年かかりましたが、

勇気を出して、検診に行ってよかったです。

ものすご~~~~く痛いと聞いていたのですが、

「 想像していた痛みはなく、逆に驚いたほどです 」

とにかく、力を最大限にぬいて、リラックスすることがいいそうです。

ポイントは、胸がはっている時期をさけると、いいみたいですヨ。

日本人女性の20人に1人がかかると言われている乳がん。

早期発見できれば、10年後の生存率は、90パーセントを超えているのです。

(出典:小林麻耶オフィシャルブログ「まや★日記」)

 

麻耶さんは「毎年、ちゃんと検診行きたいと思います!」とブログに綴っているので、おそらく毎年乳がん検診を受診しているのだと思います。

 

妹の麻央さんが乳がん検診を受診していたかどうかは分かりませんが、もしそうじゃなかれば、麻耶さんは妹に乳がん検診を勧めなかったことを後悔しているのかもしれません。

 

だから、北斗晶さんの乳がんが発覚した時に、さりげなく乳がん検診の受診をブログで勧めて、妹の麻央さんと同じ苦しみを味わう人が少しでも減るようにという、麻耶さんの優しい気持ちがブログに込められているのかなと思いました。あくまでも想像ですが。

 

まとめ

小林麻耶さんは、妹の麻央さんの病気を隠しながら、テレビで明るく振る舞って、仕事で忙しい中看病もしていたんでしょうね。

 

日本テレビの「恋のから騒ぎ」に一緒に出演していたのは、麻耶さんが麻央さんを誘ったからだそうです。高校は姉妹揃って國學院高等学校を卒業していて、麻耶さんがTBSを退職してからは、麻央さんと同じセント・フォース事務所に所属しています。

 

そんな仲良し姉妹でのエピソードを知ると、私も胸が苦しくなります。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ