コードブルー3のキャスト・相関図は?ドラマの気になる見どころは?

ライター:SARI

 

 

2017年7月から始まる月9
ドラマ「コードブルー3」

 

シーズン3となる人気ドラマ!!

 

山下智久&新垣結衣のコンビが、
どういったストーリーを繰り広げるのか
とっても楽しみですねー♪\(^o^)/

 

「コードブルー3」のキャストと相関図は?

 

気になるコードブルー3(2017)
キャストと相関図についてまとめました。

 

<スポンサードリンク>

『コードブルー3』2017 基本情報・あらすじ

◆ コードブルー
~ドクターヘリ緊急救命~ 第3シーズン

 

◆ 放送時間:毎週月曜21:00~ 
(2017年7月スタート)

 

◆ フジテレビにて

 

 

~あらすじ~

 

救急現場にいち早く到着し、
重傷の患者たちを救うドクターヘリ。

 

翔陽大学付属北部病院の救命センターでは、

 

5人の若者たちが苦しみ、
もがきながら人々を救っていた…。

 

それから10年が経った
翔北救命センターでは、

 

白石恵がフライトドクターのリーダー
冴島はるかはフライトナースのエース
藤川一男は整形外科専門の救命医!!

 

成長した姿で医者として活躍していた…

 

その一方で、

 

寡黙な藍沢耕作は救命センターを離れて
脳外科医として医者としての技術を磨き、

 

仲間と共にフライトドクターを
目指していた緋山美帆子は、

 

周産期医療センターで、
産婦人科医としての道を歩んでいた。

 

かつて若手医師として救命センターで、

 

フェローシップで学んだ5人は、
それぞれに成長しているのでした。

 

厳しくも優しい先輩たちから
自分たちが教えらえれたように、
今度は5人が人に教える立場に・・・

 

命と真剣に向き合っていく5人が、
また人生で新しい局面を迎えることに…

 

<スポンサードリンク>

月9「コードブルー3」キャスト

藍沢 耕作(山下智久)

翔北救命センターの医師
フライトドクターを務める。

 

冷静な自信家で患者と、
触れ合いながら成長してきた。
フェロー課程を卒業して脳外科へ進んだ。

 

白石 恵(新垣結衣)

翔北救命センターの医師
フライトドクターを務める。

 

穏やかで医療の知識も豊富だが、
性格はやや消極的なところがある。

 

精神的に成長してフェロー課程を卒業後、
父の病院には行かずに翔北救命センターで働く。

 

現在はフライトドクターのリーダー。

 

緋山 美帆子(戸田恵梨香)

翔北救命センターの医師。
産婦人科医を務めている。

 

勝ち気な性格だが根は優しい。
怪我やトラブルによる謹慎期間で、
藍沢や白石と同時にフェロー課程を

卒業できなかったが…
医者としての勤務を続けている。

 

藤川 一男(浅利陽介)

翔北救命センターの医師。
フライトドクターを務める。

 

明るいお調子者だが、
裏では臆病な面もある…。

 

藍沢たちより技術が劣っていたが…
数多くの現場をこなしたことで、
医者としての技術を磨いてきた。

 

整形外科専門の救命医として働く。

 

冴島 はるか(比嘉愛未)

翔北救命センターの看護師。
フライトナースのエースを務める。

高い技術と医師以上の知識で現場を支える。
ハッキリとモノを言う強気な性格。

 

個性の強いキャラクターが多い!!

 

そんな印象のドラマ「コードブルー3」
他にもキャスト・ゲストも楽しみですね♪

月9「コードブルー3」相関図

気になるキャスト・相関図はコチラ ↓↓

 

code-blue-soukanzu

出典元:http://0409yamap.blog122.fc2.com/blog-entry-599.html

 

黒田(柳葉敏郎)と西条(杉田哲太)
ライバル心がどのように対立するのでしょうか?

 

白石(新垣結衣)と藍沢(山下智久)の
理解し合えない!そう感じているのが、
どういったカタチとなるのでしょうか?

 

<スポンサードリンク>

まとめ

「逃げるは恥だが…」での
新垣結衣さんの可愛い印象から今回のドラマ
「コードブルー3」のピリッとした雰囲気…

 

山下智久さんの、
カッコよさにも目が離せませんが・・・

 

楽しみなキャストが多いですよね~

 

医療ドラマというと、患者として演じる人も
まさかのゲストとして登場することも・・・

 

7月まで待ちきれませんね~

 

最後まで読んでくださって
ありがとうございました(*’ω’*)

応援してくださると嬉しいです☆

このページに「いいね!」を
クリック宜しくお願いします♪




サブコンテンツ

このページの先頭へ