サムネ背景

【歴女の奮闘】熊本城の修復に取り組む女性、木下泰葉さんはどんな人?

木下泰葉さんは、熊本城の修復作業に奮闘する女性で、「熊本城調査研究センター」に勤務しています。

 

今回は、木下泰葉さんの略歴や大学、年齢などのプロフィールについてご紹介します。

 

スポンサードリンク

木下泰葉さんのプロフィール

木下泰葉さんの年齢は27歳で、福岡県久留米市の出身。熊本大学時代には歴史学を先行していました。

 

そして大学を卒業後、熊本市役所の専門職員として、4年前から熊本城の歴についての調査や研究を担当しています。

 

木下泰葉さんは幼い頃から歴史に興味を持っていて、全国のお城を休みの日にまわるという、いわゆる”歴女”なんだそうです。

 

熊本城の復旧作業に奮闘

2016年4月14日、震度7の地震が相次いだ熊本地震により、熊本市のシンボルでもある熊本城も被害にあいました。

 

木下泰葉さんの熊本城の復旧作業は、熊本地震から1週間後に始まり、

 

 

「4月16日の本震で、天守閣から大量の瓦が落ち、重要文化財の東十八間櫓は石垣ごと倒壊。熊本城の石垣は全体の3割で修復が必要なほど崩壊していました……。無残な姿に涙が止まりませんでした。そして、熊本の人たちが元気になるために、私ができることはあるかを考えました」

 

 

「清正公の手紙や家老たちの日記といった古文書、宮内庁に所蔵されている史料などから、城の被災履歴を調べました。熊本城は、1625年の地震で天守が被災して以来、明治22(1889)年の大地震までに何度となく被災しては修復されていたのです。それだけ人々に愛され、修復されてきた城であることがわかったとき、“また再建できる!”と励まされました」

 

 

「天守から落ちて割れた大量の瓦の裏には、それを寄進した方の名前が書かれていました。熊本城が多くの人たちの思いによって守られてきた証しですよね。今は、恋愛や結婚より、寝ても覚めても熊本城のことばかり。完全に修復するまでには20年以上かかるかもしれませんが、熊本の人たちが城を見上げて、笑顔になってくれるまで頑張っていきたいです」

 

など、木下泰葉さんは、熊本城への思いを熱く語り、しばらくは熊本城のために尽くす決意を固めているそうです。

 

スポンサードリンク

まとめ

今回は、熊本城の修復作業に奮闘する”歴女”、木下泰葉さんについてでした。

 

熊本城の修復にはかなりの時間がかかるということをテレビで見ましたが、美しい熊本城の姿をもう一度取り戻すために頑張って欲しいなと思います。

参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170416-00010000-jisin-soci

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

Facebookページにもいいねして頂けると嬉しいです♪




サブコンテンツ

このページの先頭へ