サムネ背景

木村拓哉(キムタク)は仲間はずれ?夏休みのハワイ旅行中に解散決定!

 

木村拓哉(キムタク)は仲間はずれなのでしょうか?夏休みのハワイ旅行中にSMAPの解散が決定したそうです。

 

スポンサードリンク

解散の申し出前にハワイに出発

SMAPの解散が大きな話題になっていますが、木村拓哉(キムタク)さん以外のメンバー4人が、2016年8月10日にジャニーズ事務所に解散を申し出たと言われています。

 

木村拓哉さんは、毎年恒例で奥さんの工藤静香さんと、2人の娘さんと一緒にこの時期にハワイ旅行に行くそうです。

 

そして、今年も8月9日までにハワイに到着してたようなので、11日の解散正式決定を木村拓哉さんはハワイで聞いたということになります。

 

活動休止か解散

SMAPの解散が決定する2か月くらい前に、25周年コンサートや夏の音楽番組への出演を嫌がるメンバーを、ジャニー社長が説得していたそうです。

 

その時は、木村拓哉さんだけが首を縦に振り、中居正広さん・稲垣吾郎さん・草彅剛さん・香取慎吾の4人は、頑なにそれを拒んだと言われています。

 

その時点でSMAP活動再開の可能性がほぼ無くなり、活動休止と解散のどちらかに・・・。

 

希望を聞かれた草彅剛さんと香取慎吾さんは、「どっちでもいい」と答えたそうです。

 

スポンサードリンク

キムタクだけ仲間はずれ?

そして、無期限の活動休止に一度は決定したそうですが、8月10日に木村拓哉さん以外のメンバー4人が、ジャニー社長の所へ突然行きます。

 

香取慎吾さんが「休むなら解散したい」と一番強く希望していて、草なぎ剛さんと稲垣五郎さんもそれに同意。

 

中居正広さんは、対立しながらも木村拓哉さんと同じ解散には反対の考えだったようですが、他の3人との多数決に押し切られる形で、SMAPの解散が決定したそうです。

 

結果的に木村拓哉さんがいない間にSMAP解散が決定してしまいましたが、ネットではキムタクは孤立していて仲間はずれなのか?という声がたくさんありました。

 

まとめ

報道されている解散までの一連の流れを見ていると、本当にメンバー間の確執が凄かったのかなと感じました。

 

中居正広さんは、SMAPの分裂騒動が明らかになった1月に、「命を懸けてSMAPを守る」と心配してくれている周りにメールを送り、解散だけは避けたいと思っていたようです。

 

木村拓哉さんは、「この度の『グループ解散』に関して、正直なところ本当に無念です。でも、25周年のライブもグループ活動も5人揃わなければ何も出来ないので、呑み込むしかないのが現状です。沢山の気持ちで支えて下さったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して『解散』と言う本当に情けない結果になってしまいました。今は言葉が上手く見つかりません」とジャニーズ事務所を通してコメントをしています。

 

「呑み込むしかない」「スタッフの皆さんを無視して」「情けない結果」といった言葉から、自分がいない間にSMAP解散が決定してしまった、木村拓哉さんの無念さが伝わってくる気がします。

 

スポンサードリンク

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ