サムネ背景

映画「君と100回目の恋」あらすじ(ネタバレ)と主題歌は?miwa&坂口健太郎のW主演

ライター:SARI

 

 

2017年2月公開の
映画「君と100回目の恋」(ネタバレ)

 

miwa&坂口健太郎のW主演で
話題となっている映画なんですよ!!

 

「青春ラブストーリー×タイムリープ」
とっても面白そうな予感がします♪

 

映画「君と100回目の恋」の
あらすじ(ネタバレ)について
ご紹介していきます\(^o^)/

 

miwaの歌う主題歌
「君と100回目の恋」について

 

主題歌はどんな歌詞?

 

<スポンサードリンク>

映画「君と100回目の恋」あらすじ

主人公:日向葵海(ひなた・あおい)は、

 

大学の軽音楽サークルで
ボーカルを担当している。

 

全員20歳で同い年の
サークルメンバーは、

 

ドラム担当の中村鉄太と
ベース担当の松田直哉。

 

そして葵海とは、
幼馴染のギター担当:長谷川陸。

 

葵海の親友で、
美術部所属の相良里奈も
サークルに入り浸っている。

 

地元の音楽祭「セトフェス」が
開催されるのは6日後の7月31日。

 

ギターテクも普段の生活も
完璧超人な陸はともかく、

 

いつも同じところを間違える直哉には、
まだまだ練習が必要だ…。

 

今度のフェスは、
今のメンバーでの最後のライブになる。

 

葵海が1か月後に、
1年間のイギリス留学へと
旅立ってしまうからだ…。

 

そんな中、
セトフェスの準備に
追われるメンバーをよそに、

 

1人陸だけが、
何やら深刻そうな表情を浮かべていた…。

葵海の恋する思いとは…(ネタバレ) 

「君と100回目の恋」のネタバレについて

 

漫画「君と100回目の恋」の結末より
ネタバレについて紹介していきます!

 

葵海のイギリス留学に、
直哉は焦っていたのです…。

 

(告白するなら今しかない…と。)

 

唯一、
直哉が気にしていたのは陸の存在。

 

葵海と陸は幼馴染で、
14年前から毎年のように陸は
葵海の誕生日(7月31日)を
一緒に祝っているというのだった…。

 

しかし・・・

 

直哉が思い切って
陸に気持ちをぶつけてみると…

 

陸「別に?なんで俺に聞くの?」

 

直哉「仁義は切ったからな!
あとで文句言うなよ!」

 

陸(直哉、葵海を頼む…な。お前なら…)

 

直哉は、葵海に告白する。

 

誤算だったのは、
うっかり鉄太や里奈がいる前で
告白してしまったことだった…。

 

葵海は、
すっかり動転してしまって
陸のもとを訪ねることに…。

 

しかし…

 

葵海は、陸から告白されたことを伝える。

 

陸「…葵海。お前、直哉とうまくやれよな」

 

陸とは両思いだと期待していた葵海はショックを受ける。

 

<スポンサードリンク>

里奈の思いに気づく(ネタバレ)

陸にフラれた葵海が落ち込んでいると、

 

里奈に出会う。

 

里奈「直哉もいいと思うけどなぁ…」

 

葵海「そっか、そうだね…。こうなったら、
直哉でいいから付き合っちゃおうかなー」

 

里奈「ちょっと待って。『直哉でいいから?』」

 

実は直哉のことが好きだった里奈( ゚Д゚)
中途半端な葵海の態度に怒ってケンカに…

 

天然な葵海は、
ここで初めて里奈の気持ちを知ったのだ。

7月31日の出来事(ネタバレ)

そして、7月31日。

 

セトフェス本番日で、
21回目の葵海の誕生日。

 

いつものメンバーの中に、
里奈の姿はなかったのです…。

 

本番前だというのに、
空気はどこかギクシャクしている(´・ω・`)

 

いよいよ葵海たちがステージに立つ番が…

 

しかし…

 

お客「あれ、あのボーカルの子歌わないの?」

 

葵海(私…最っ低だ!!)

 

里奈のこと、直哉のこと、陸のこと…
気持ちがぐちゃぐちゃになっていた葵海は、

 

ついに歌うことができなかった。

 

…こうして葵海たちの最後のライブが終わった。

葵海の誕生日の夜(ネタバレ)

セトフェス本番日…
21回目の葵海の誕生日の夜。

 

葵海は、みんな私のせいで傷ついた。

 

私にもっと勇気があれば、
誰も傷つけなかったかもしれないのに…

 

本当に、最低だっ!
戻れるんなら、戻りたい!!と…

 

気がつくと、
葵海は道路を歩いていた。

 

そしてすぐそこには、
大型トラックが迫ってきていた!!!

 

(ひかれる!)

 

陸「大丈夫だよ、葵海。
お前が何回転びそうになっても、
俺が守るから」

 

葵海「陸!?」

 

葵海を助けるため飛び出す陸。

 

・・・カチッ。

 

時間が巻き戻ったのです・・・!?

 

7月25日(月)午前11時5分

 

物語が始まった時間。

 

葵海「夢…!?」

 

直哉「セトフェスまであと6日!」

 

葵海にとっては、
覚えのある日常が繰り返されている。

 

葵海は、7月31日の
トラックに遭遇する前に戻ったのだと
驚くばかりであったのです・・・( ゚Д゚)

 

葵海の様子がおかしいと気づく陸は、

 

ふと葵海が残した、
歌詞のメモを見て確信する…。

 

陸(葵海…やっぱりお前…!)

 

葵海を探しに行く陸。
葵海は、1人思い出の歌を歌っていた。

 

 

葵海は、陸に対して
「わかってもらえないと思うけど…
自分は、もうすぐ死んでしまうのだと。」

 

その言葉に陸は、
「…そうだな」という・・・

 

 

一体なぜ陸が知っているのか…?!

 

<スポンサードリンク>

「人生レコード」とは?(ネタバレ)

14年前に、
陸が叔父さんから教えてもらった

 

秘密の道具『人生のレコード』

 

これを使えば時間を巻き戻し、
人生をやり直すことができると陸は語る。

 

そして陸は、
レコードを使ってみせるのでした。

 

陸は、14年前の
葵海が引っ越してきた年に

 

陸は、葵海の好きなレコードが
壊れてしまったことを知り、
葵海の誕生日にギターで
その曲を弾いてあげようと考える。

 

でも、陸はギターに触ったこともない。

 

 

その時に、
陸は何度も何度も繰り返し
叔父さんにギターを習い、上達していく。

告白は成功?失敗?(ネタバレ)

葵海の留学までわずか1カ月。

 

2人はもっと時間をかけて、
お互いを理解するために

 

1年前(2015年)の
夏へとタイムリープする。

 

その日はちょうど神社祭りの日。

 

2人はバンドメンバーと一緒に
お祭りを楽しむことに(・´з`・)

 

しかし…鉄太は、
陸と葵海の距離が妙に縮まっていることに

 

気がつくのでした…。

 

鉄太「なあ、直哉。早いこと葵海ちゃんに
コクったほうがいいんじゃねぇか…?」

 

直哉は葵海に告白することを決意。
そんな直哉を里奈が不安そうに見つめる。

 

バンド内の恋愛事情が、
予定よりも早く加速していく…。

 

1年後と同じように、
直哉は告白の仁義を切るために陸と対面する。

 

直哉「俺は、葵海ちゃんが好きだ!」

 

陸「俺も葵海が好きだ」

 

前とは違う答え。
陸は直哉に真正面からぶつかっていく。

 

直哉「お前は葵海ちゃんの幼馴染だから…
ひと言、言っておこうと思って」

 

陸「お前はすごいよ直哉。
だけどな、あいつがどれだけ先走って
転びそうになっても、それを支えるのは
俺でありたい…そう思ってる」

 

直哉「陸、なんかお前…変わったな…」

 

宣言通り告白を実行するため、
直哉は葵海を呼び出すこととなる。

 

直哉「俺…葵海ちゃんが好きだ」

 

葵海「ありがとう、すごくうれしい。
私の家族ね、小さい頃に離婚しちゃったの」

 

葵海のことを幼い頃から
気づかないところで、
支え続けてきてくれたのは・・・

 

陸だった。

 

葵海「…だから私もちゃんと
支えてあげなくちゃ…そう思ってるの」

 

直哉「…そっか」

 

直哉は葵海の前から去り、
悔しさを叫びながら無我夢中で
自転車を走らせる。しかし…

 

直哉「ブ、ブレーキが…!?」

 

直哉は、
そのまま自転車事故を起こしてしまう。

 

これは、葵海たちが経験していなかった過去。

 

葵海(私達が時間を戻したことで
未来が変わってしまった…!?)

 

事の重大に青ざめる葵海だったが、
なぜか陸は「大丈夫だ」と断言する。

 

葵海「…なんで、そう言い切れるの、陸…?」

 

結局、直哉の怪我は足の骨に
ヒビが入っただけで翌日には退院と軽傷。

 

みんなが帰った後、
病室には直哉と里奈の2人きり。

 

直哉「俺、陸と葵海がゴールする
きっかけになれたのかな…?」

 

傷心の直哉を里奈が抱きしめる。

 

<スポンサードリンク>

幸せな時間♡が…(ネタバレ)

葵海と陸もデートをしたり、順調だ♡

 

2015年にタイムリープしてきてから

 

3カ月が経過した…。

 

葵海は、
ちょっとした勝負事で陸に勝利し、
1つのお願いを口にするのでした。

 

葵海「二度と、私に隠し事をしないで…。
それが私のためであっても…」

 

陸「葵海…わかった、
もう二度と嘘はつかないよ」

 

陸(…また1つ、彼女に嘘を…。

 

2015年冬。
この日も2人はデートをしていた。

 

葵海「ずーと、一緒にいようね!」

 

陸は葵海にプレゼントを贈り、
2人はキスを交わすのでした♡

 

葵海「えへへ…陸とキスしちゃった…」

 

陸「…葵海」

 

『何度時間を繰り返しても、
人の寿命は変えられない』

幾度となく繰り返される…(ネタバレ)

2016年の春。

 

陸「…留学、やっぱりするんだ」

 

葵海「さみしい?」

 

陸「まったく…きっと叶うよ、葵海の夢」

 

葵海「さみしくても、泣かないでね」
そう言って葵海は陸の頬にキスをする。

 

陸「…お前がいなくなったら、俺は泣く…。

 

あのさ、葵海。
俺…本当は何度も泣いてきたんだ。
繰り返し巡る季節の中で、
何度も泣いてきたんだ…」

 

2016年7月25日。
直哉「セトフェスまで、あと6日!」

 

2016年7月31日。
セトフェスでのライブは成功に終わる。

 

葵海「みんなお疲れ様!
私、ビール買ってくるね!」

 

走り出そうとする葵海の腕を、
陸が強くつかむ!!!

 

陸「待て、葵海…ここにいてくれ。
俺のそばに…」

 

2016年7月31日午後6時11分。

 

今から11分後の同じ未来に、俺は…

 

『幾度となく君の命が消えるのを見たんだ』

 

陸(今度こそ…葵海を救う)

 

陸は葵海を交通事故などの
災難から守ろうとするが、

 

結局・・・

 

いつも通りの時間に
葵海は亡くなってしまった。

 

急性心不全だ…。

 

陸は再び7月25日へとタイムリープするが、
葵海にタイムリープしたことを悟られてしまう。

 

葵海「陸…どの時間から来たの…?」

 

陸はバンドの練習にも参加せず、
独自に何かを調べている…。

 

不審に思った葵海が、
陸の部屋で見つけたノートには

 

『今まで試していないことをする。
同じ時間に別の命を差し出す』

 

葵海「なに…これ…?」

 

<スポンサードリンク>

まとめ

気になる続きは、
また更新していきます☆

 

主題歌に関するくわしい情報についても、
更新していきますのでよろしくお願いします

 

miwa&坂口健太郎のW主演

 

とっても楽しみですよね♡(・´з`・)

 

歌手としての普段のmiwaとは、
また違った姿が見られるのが
ぜひ映画館で観たい理由の一つです♪

 

最後まで読んでくださって
ありがとうございました⑅◡̈*

ランキングに参加しています♪

応援してくださると
嬉しいです♡(●´⌓`●)

よろしくお願いします☆

 

 




サブコンテンツ

このページの先頭へ